FC2ブログ

悲しい現実

shi-です

6年生のクラスが大荒れです

担任の先生には暴言を吐くし、教科書を破ったりコンパスでぶっ刺したり!

授業中には教室ウロウロ歩き回るし・・・

一体この子たちは何をしに学校へ来てるんだろうか 

一生懸命指導して下さっている担任の先生がとても気の毒です。

とうとう先生が保護者にSOSの信号を発したので、数名のママさんたちが

授業の監視をする為、毎日代わる代わる学校へ出向くことになり

私もお手伝いに行ってきました。(・・・って今日で既に3回目ですけど)

 

はっきり言ってかなりの ショッキングー な状態です

 

普段はとても優し~優し~ワタシですが、

とうとう プッチーン と切れて

恐ろし~姿に変身して怒鳴ってしまいました

一瞬 しーーーーーーん と静まり返る教室

 

あれ

 

 

一部の子たちのことですが、もう少し6年生としての自覚を持って欲しいものです。

いくら注意しても直らない他人の子はもう私は知りません

でも夢を持ち、真面目に勉強に取り組もうとしている子の邪魔はしないで欲しいです。

先生に暴言を吐いたり、他人に迷惑を掛けるような行為を見つけたら

私はきっとまた鬼のような形相になってしまうかもしれません

 

嗚呼。。恐ろしや

 

私のイメージ ダウンしてまうやん~

あ、でも偉いぞ!と思った子には、褒め言葉をたくさんかけてあげてます

スポンサーサイト



コメント

大変ですよね。。

私も小5,6の時に学級崩壊でした。
なので、心配になる気持ちはすご~く分かりますよ。

私の場合、中心になっている子がいました。
一緒になっている子、みんな悪いと思うかもしれないですが、一緒に振る舞わないといじめられてしまうと恐れている子もいたりします。(というか、実際にいました。)

やっぱりちゃんと保護者の方々が喝をいれないとダメですよね!

Re:悲しい現実

最近は、おこづかいをもらう度「ありがとう。」食事を終えたら「ごちそうさま。」家での口調が礼儀正しく変化してきたってお母さん話してましたね^^☆
世間に揉まれたり、社会から教えられたり、諭されたり、役割をつうじて世界とふれあうことってとても大切。
断言してもいいけど、その先生も教員資格取るまでたいしてロクなアルバイトや職種も経験せず、子供たちも家でのお手伝いもさせられず「あなたはお勉強だけしてればいいのよ~いいのよ~♪」ってままで6年生になっちゃったんじゃないかな。
だからピンチの時は相談をして考え自力で切り開いてゆくガッツもなくすぐにSOSに頼っちゃうし、子供も他人の気持ちになって手を差し延べて助けてあげることがわからない。そりゃ大きい小さいお子ちゃま同士で喧嘩してトラブってる状況ですから、それだと行き詰まっちゃうのは仕方ないですものね^^☆それはしーちゃんも怒っちゃう(というよりも叱る)ワケですよね^^;
「子を見れば親の顔がわかる」って言いますけれどもそれって本当よね。親にとってもちょうど教員免許のように、親権教養免許制度が要る時代なのかも知れませんね~^^;
大切なのは成績表や学歴なんかじゃなく、人と調和してつながっていけること。先生も、生徒もね。そして人の気持ちがわかるようになる経験をずっと積んで行くこと。ハッキリとした明確な教育と哲学のバックグラウンドを持つことだってわたし思いますよ~♪
(わたしKOKIママにそれってかなり感じるんだよね~^^☆)

Re:悲しい現実

この前バスの中で、たまたまお友達になり話題が弾んだおじさんと話をしてきました(区長に顔の効く偉い人っぽかったんだよ^^;)。
子供は塾なんか行ったり勉強がたくさんできるよりも、素直にのびのびと育って人の気持ちがわかる人間になる方がどれほど重要なんだろうと。インターネットでどれほど教養や知識があったり漢字も知ってるけど、場を荒らしたり不快にさせてばかりな人たちも多くいたりしますもの。
社会に出てから上司とうまくいったり、部下と仲良く仕事ができたりそっちのが実際はずっと役に立つんだよね^^♪
一番良くないのは先生も、子供たちも悪いことするのにロクにしかられないまま育ってきたから叱ることも、叱られることにも全く慣れないままに育ってきてしまってお互いに今ぶつかってしまっているんじゃないかしら。
放置プレー系子育てと、自由にのびのび育てることは一見似ているようで、本当は天と地ほども違う。
やっぱり社会経験ってすごく大切。大人でもそれが欠けている人はずっと精神的に横暴なままなのかも。今高校生の男の子が、家の中でものすごいぞんざいなもの言いでした「ご飯」「チッ」「うぜぇ」。ドラムをどうしてもやりたくて、週三回ピザ屋の厨房でアルバイトしたいというから自由にさせていたんですね。仕事場の先輩から教えられたり叱られたりしたんでしょう、きっと。

manaさん・JUN_Raelianさんへ

★manaちゃんへ
こんな形での学級崩壊なんて、私が小学生の時代には考えられませんでした><
卒業を間近に控えて驚きの連続です。
「中心」になる子いますよね!
もっといい意味での「中心」(リーダーシップ)であって欲しいのに・・・。
そういう勇気のある子ってなかなかいません。
いたらカッコいいのになぁ~。

★JUNさんへ
「大切なのは成績表や学歴なんかじゃなく、人と調和してつながっていけること。先生も、生徒もね。そして人の気持ちがわかるようになる経験をずっと積んで行くこと。」
JUNさんのお言葉にとても共感します!

何か私にできることとしてお手伝い出来ればなぁ~と、奮闘してみてはいるものの、これでいいのかなぁ・・・?と疑問にさえ思えてきている今日この頃です。

Re:悲しい現実

しーちゃん♪
おっしゃる通りですねぇ。先生って、きっとまだ20代のお若い先生かしら?
小さい頃から好きなことできなかったり、親から止められたりそんな教育の歪みやストレスが、きっとこの場になって子供たち同様噴出してきてるのかなって感じもします。
大人の世界でもやっぱり同じことがあって、集った集団の場の反応がシーンとして異様なほど無かったり、その反対に上司から大声で罵倒されたり・・・
「ォィォィヾ^^;そりゃアンタの奥さんとうまくいってない蟠りを、単純に部下にぶつけとるだけやろ~^^;」・・・なーんてこともあったりするのですが、やっぱり結局子供の世界って、大人の世界の縮図だなぁ~って感じます。
そんな表面に出てないそれぞれ生徒と先生のの心の原因が必ずあるはずですから、そこから理解し合ってまず大人から調和の見本を見せていって少しずつ世界を変えていかないとなぁ~って思います。
その先生にも、そして生徒ひとりひとりにも親が必ずいて、子供たちはじっとその背中を見て育つわけですね(口で言って聞かすことは案外覚えない^^;)
荒れてる子供なら、その親もやっぱり心理的・物理的に荒れてるものなのよねぇ^^;キタナイ言葉遣いをする親の子供は、やっぱり言葉がキタナイし。子供は善きにつけ悪しきにつけ無意識になんでも真似ちゃうんです。
ですからどんな生きる姿勢を人として、親として子供に見せていくか(表面でぶらなくていいから、ありのままで)。
「人と自分が調和していくことってね、こういうことなんだよ。」って背中を見せていくことが、それぞれの親の役目としてもしかして大切なことなんじゃないかしら・・・そんな風に考えていますよ☆
Secret

プロフィール

日和

Author:日和
KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。(日和)

日和:私 
shi-chan:ハニー(妻)
chi-:娘 (社会人2年生)
yu-:息子(大学3年生)
愛犬:ロザリー(♀8才)

ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人、休日は気ままにブンブン♪ドライブを楽しんでおります。KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。(shi-)

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ