スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出逢いと別れ


人生ではいろいろな人と出逢い、出逢いがあれば別れもあります。

最近、思いがけないところからの情報で

とある方との別れの時が来たことを知りました。


別れの時が来たことを知っても、行ってやることもできなかったのは

仕方のないことですが、とても残念でした。


人はなぜ出逢うのでしょう。


出逢い、交流し、相互に敬意をもって接し、親しくなれば

そのお相手をより身近に感じるようになり

お互いにお相手を理解し、信頼できるようになるにつれ

いつしか自分の中における、そのお相手の存在の大きさを知ります。


そもそも人との別れは寂しいものですが

そこまでの関係が構築出来たお相手との別れは

とてもつらいものです。


たとえばshi-との別れは

私にとっては半身をもぎ取られるほどの苦痛を伴うものでしょう。


きっと、それまでは当たり前でいつもそこにあった風景が

まるで違った世界に見えてしまうことでしょう。


それほどの痛みを伴う別れも

本当に残念ですが、いつか必ずやって来ます。


しかし、そうした別れがいずれやって来ることが分かっていても

私はshi-と出逢えたことを感謝せずにはいられません。


別れたお相手を失うことは

その存在が消えたり、肉体が滅びることではないと思います。


自分の中に居続けるお相手の存在を無価値なものにしてしまう

ことが「お相手を失う」ということだと思います。


バーボン



隊長、出逢ってくれてありがとう


またいつの日か・・・。











スポンサーサイト

コメント

孤独な生き物

私はあることから別れが怖くなり、深い関係になる出会うことをさけてきました。
別れは辛いですよね。
今回の別れも、一緒にいた時のことを考えると、今でも信じられない気持ちです。
昨年のancoroの集いの時には、もう悟っていたのでしょうか?
0-4KINGの隊長。
短すぎる人生でしたけど、本当にお疲れ様でした。
寂しい限りです。
でも、必ず別れは来るもの。
人間は孤独な生き物ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

星のオヤジさんへ

まだこれが現実であるという実感はほとんどありませんが
現実なのだと思うと本当に寂しいです。

送る側も送られる側も、確かに最終的には「個」ということには
なりますが、繋がりがある限り「孤独」とは少し違うように思います。

・・・というか、私などは覚悟がないのでしょうね「孤独」という
言葉の響きにさえ耐えられそうにありませんから。





Secret

プロフィール

日和

Author:日和
ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人で休日気ままに、あっちへフラフラ~こっちへフラフラ~。shi-が運転免許を取得。慣れてくる頃、休日のお楽しみドライブではコックピットの奪い合いが勃発しそうです^^; KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。
基本、夫婦いつも一緒。^-^

日和:私(お父さん) 
shi-chan:ハニー(お母さん)
chi-:娘(大4)
yu-:息子(大1)
愛犬:ロザリー(♀6才)

KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。