FC2ブログ

質問


つい最近、ひょんなことから息子の勉強を見てやることになりました


先日、某高等学校の文化祭に行ってから

少しずつ、ほんの少しだけ息子のやる気スイッチが入ったようです


やる気が本気かどうか、手始めに来週中学校で行われる

定期テストの対策勉強などを行いました


意外にも、息子の方から

「お父さん、勉強見てくれるんだよね」と、声を掛けて来たのです。


性格や考え方はどちらかと言えば父親似の息子ですから

試験対策などを事前に十分行うようなことは

未だかつてあり得なかったハズでしたので

この一言は、まさに「青天の霹靂」でした


嬉しさ半分、めんどくささ半分の私でしたが

結局、息子の勉強を見てやると決めたら

気持ちを自分がテストを受けるかのように押し上げて

息子の待つ部屋へ向かいました。


久しぶりに見る中学の教科書、問題集。

(「あれ?こんなん中学でやったっけ?」)

再び、意外にも難しい問題の内容と自分の記憶の曖昧さにビックリ


(「あかん、この問題分かれへんぞ・・・」)

そんなときに限って「イヤ~ンな質問を息子はぶつけてきやがります。


「お父さん、この問題『座標平面上の点Aが・・・』の解法は?」

「う~ん・・・(ムツカシイ・・・)」


「ねぇ、ひょっとして分かんないの(あれ~)」

「いや、分かる(ちょっと、待てや)」

ホンマに教えるどころか、簡単に答えることもできない問題が多々あります。

ま、それでも父の威厳を失わないようにと、何とか答えをひねり出すのですが

中学の問題とはいえ、まったく侮られへんモンもあるんです。


「分からん問題はお父ちゃんが教えちゃるな~んて言ってしまったけど

いつ答えられへん問題をぶつけてくるのか

それに答えても間違っていたり、うまく伝えられなかったり

白目むいて訳のわからんうわごとをつぶやいてしまったりしたら・・・と思うと

お父ちゃん、結構ドッキドキだったりするんです。


とはいえ、こうして「父に勉強を教わる」ということに対し

今、中2の息子が自然に受け入れる、というか父に頼みに来るということが

もしかしたらあり得ないことなのかもしれないと思いました。

少なくとも、自分が中2の頃ではあり得ませんでしたから


当然、勉強をするという目的をもっての息子と関わる機会ですが

このコミュニケーションを通して、息子の考え方や近況を

詳しく知ることもできるし、私の考えや想いを息子に伝える機会にも

なりますので、私たち親子にとってはとても良い機会になりそうです。


ただし科目での難しい質問は、ほどほどでお願いしたいとも思いますがね






さて、質問といえば・・・

先日(もう一週間になりますね、早いねぇ)、KOKIAさんの

「都会の隠れ家コンサート」では、今年もKOKIAさんが普段聞けないような

質問に「却下!」無しで丁寧に答えて下さってましたけど

すでにshi-が記事に書いたもの意外でご紹介したいものをひとつ、ふたつ。


まず、最初に質問された方のご質問。

(以下のように私は捉えましたが、違っていたらゴメンナサイ)


『Christmas gift(KOKIAさんのアルバム)の2曲目にレナード・コーエン
   
(Leonard Cohen)作の『Hallelujah』という曲が選曲されているのですが

この曲の歌詞を考えると、Christmas giftにこの曲をKOKIAさんが選曲されたの

は何故か?ということをご質問されていました。


 
このご質問に対するKOKIAさんのお答えは

「確かに、この曲の歌詞は・・・何て言ったらいいのかな。知らない方は一度調べて

みて下さい。」
とのことでした。


そこで私も、この曲の歌詞を改めて調べてみたのですが

するとこの曲の歌詞は、確かにChristmas giftと銘打たれたアルバムに

選曲される曲としては陰鬱な印象を受けるものでした。


たとえ深い意味を持つものであったとしても

少なくともクリスマスの楽しみやトキメキを歌う歌でも

祝福の歌でもありませんでした。


そういう意味では、全くクリスマスに相応しくない歌詞に私は思えたので

なるほど、KOKIAさんがChristmas songsに選ぶ歌としては

違和感があるな~と感じました。



そういう歌にもかかわらず?

このHallelujahという曲をKOKIAさんがChristmas giftに

選曲なさった理由は・・・


まだ幼少のとき、この曲の意味も分からず聴いていたとき

ただこの曲のメロディーが耳にずっと残るような素敵な曲だったため

いつか自分で歌いたい、と思うようになった大好きな曲なのだそうです。


だから、KOKIAさん自身この曲の意味を知ったのは

おそらくこの曲を好きになられて、随分経ったあとだったのでしょうね。


そういう形で、心に残り好きになる曲も確かにあるからね。


言われた通り、歌詞を調べてみて、ご質問者の方が何故質問されたのか

「なるほど~」と感心してしまうと同時に

「ああ、私はこの選曲について、そこまで気に留めていなかった・・・

と反省しました。



それともうひとつ、スペシャルゲストのギターの松尾へのご質問

松尾さん、もう9年あまりもKOKIAさんのサポートをなさっておられますが

「これだけ長くサポートを続けるに当たり、KOKIAさんのどこに魅力を感じ

ていらっしゃるのですか?」



とのご質問に対し、松尾さん曰く

「皆さんと同じですよ。皆さんもよく分かっているじゃないですか~

そしてKOKIAさん

「初めて聞いた・・・」ですって。


・・・なるほどね。



また来年の隠れ家でも、KOKIAさんいろいろなご質問に答えて下さいね。

松尾さんも。



ああ、それからKOKIAさん、どういう所で歌ってみたいかとのご質問に

「どういう所ところというか・・・外で歌うことが好き」ということを

仰ってましたので

今週末の井の頭公園では、きっと気持ち良く歌って下さることでしょう。


頑張れ~KOKIA~


・・・素敵なアルバム作りもね









スポンサーサイト



コメント

No title

「KOKIAさんに対する魅力」という松尾さんへの質問ですが、
1回目のancoroの集いでKOKIAさんのことを<枠を作らない>
と言っていたと記憶しています。

作らないどころか、そういう枠を自ら飛び越えてこようとする姿勢に
逆に心配させられたり、こりゃ支えてあげなくちゃなという気になったり…。
こないだの神戸のコンサートでもKOKIAさんの想いが痛々しく感じるほど
でした。
私も微力ながらancoroの一員として「あたたかい場所」の一部でありたいなと強く思いました。

父親の威厳…
問題ができなくてもそれに対して向き合う姿勢から、きっと悟ってくれると思いますよ。
やっぱり答えという終着点よりもそれに至る過程が大切なんだと思います。
頑張れ日和パパ^^

寅次郎さんへ

そういえば、そんなこと仰ってましたっけね♪

集い1回目でのお話、寅ちゃんよく覚えていらしたねぇ~^^;

私なんか、あんなに近くで聴いていたのにすっかり・・・(lll-ω-)


先日の神戸のコンサートでは、KOKIAさんがKOKIAさんたる場面も
垣間見られたようですね。

今後も、私も微力ながらancoroの一員として「あたたかい場所」の一部としてご一緒させて下さいねf(*^~^*)


家庭教師パパ・・・

最近、chi-も聞きに来るようになりました(; ̄ー ̄A 過程だよなぁ・・

ま、やれるとこまでやってみます(*^▽^*)v
Secret

プロフィール

日和

Author:日和
KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。(日和)

日和:私 
shi-chan:ハニー(妻)
chi-:娘 (社会人2年生)
yu-:息子(大学3年生)
愛犬:ロザリー(♀8才)

ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人、休日は気ままにブンブン♪ドライブを楽しんでおります。KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。(shi-)

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ