FC2ブログ

Musique a la carte(第一部)

 

昨日は、東京六本木の「STB139スイートベイジル」で行われた

KOKIAさんの“Musique a la carte”発売記念コンサートへ出掛けました。

 

久しぶりのSTB、少し早めに到着して

近くにある美味しいカレー屋さんで、舌鼓を打ってから会場へ向かうはずでした。

 

しかし思いの外、都内は豪雨で到着時間が2時間あまりも遅れてしまったので

結局、お昼ごはんはSTBでいただくことになりました。

(この到着遅れの顛末は、話せば長くなるのでまたの機会があれば

 

とはいえ、お友達から会場までのアクセスルートをアドバイスしていただいたので

何とか開演時間には間に合ったのでほっとしました。

 

会場に到着すると、STBのスタッフさんが丁寧にエスコートして下さいまして

ホール内には、もう既にたくさんのお客さん達がいらっしゃいましたが

安心して席に着くことができました。

 

スポットライトにぼんやりと照らされたステージには

KOKIAさんが腰を掛けて歌われるであろう椅子と

両サイドのギターの間に置かれている椅子が並べられておりました。

DSC00647.jpg

今日は、ギタリストはPUCK FAIRのSean Whelan

彼の生演奏も、2年ぶりの楽しみです

 

開場からコンサートが始まる迄の時間に余裕があり

その間に思い思いの食事やドリンクを頼んだり、物販コーナーへ行ったり

お友達とおしゃべりをすることも出来ました。

DSC00648.jpg

美味しかったシーフードパスタとピッツァ 

 

DSC00644.jpg

うっかり、普通の何ていうカクテルだっけ

とにかくスペシャルカクテルを頼みそびれた、shi-のドリンク 

 

近くでガッツリ食事を頼んでいたのは、お昼ごはんにありつけなかった

マイファミリーくらいのようでしたが・・・時間的にランチでもないしネ。

 

そんなこんなで楽しくコンサートが始まるのを待っていました。

すると不意に会場の照明が少し落とされました。

 

はじまりの1曲目は『Love Me Tender』

KOKIA澄んだ歌声にSeanの奏でる穏やかで温かいギターの音色が重なり

とても上質な居心地の良さが会場を包み込んでいくように、コンサートは始まりました。

 

(というSTBのコンサートの記事を書いている途中だったのですが・・・とあるアクシデントでエントリーできずに「下書き保存」のままでした)

 

このコンサートで、私(日和)が一番「良かったな~」と感じた曲は

『Taimse im' chodladh』 

まるでアイルランドの酒場で、心地のよい上質な伝統音楽に触れているような

そんな感覚でKOKIAさんの歌声を聴いておりました。

 

KOKIAさんと、Seanのアドリブ、掛け合いも面白かったですね。

お二人の呼吸、もう少し長く観て、聴いていたかったです。

 

DSC00652.jpg 

当日、KOKIAさんやお友達からいただきました。

 

最近、いただいてばかりのような気が・・・さんきゅ

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

日和

Author:日和
KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。(日和)

日和:私 
shi-chan:ハニー(妻)
chi-:娘 (社会人2年生)
yu-:息子(大学3年生)
愛犬:ロザリー(♀8才)

ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人、休日は気ままにブンブン♪ドライブを楽しんでおります。KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。(shi-)

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ