FC2ブログ

「音の旅人」ファイナルステージ

 

KOKIAさんのconcert tour 2010『音の旅人』ファイナルを飾る

東京渋谷Bunkamuraオーチャードホールでのコンサート

本当に素晴らしいコンサートでした。

 

私達家族が足を運ばせていただいた

大阪ビジネスパーク・円形ホール(1日目)のセットリストとは

アンコール+1(Road to Glory ~ for Dragon Nest)を追加して下さった

ということ以外は、同じセットリストでした。

 

shi-も、感想を書かせていただいておりますので

少しだけ、以下に私(日和)の個人的な感想を書かせていただきます。

 

                                        

 

コンサートのセットリストについては

KOKIAさんが昨年訪れたチュニジアで、新たな世界観を得られたことから紡ぎ出された

ニューアルバム『REAL WORLD』からの選曲が、当然ながら多かったのですが

KOKIAさんの往年の名曲といえる、数々の曲も加えられておりました。

 

全体の選曲を通して強く感じたことは

きっと今、KOKIAさんが私たちファンのみならず

世界中の人々に届けたいと思う「メッセージ」「想い」

彼女は「歌」を通して、どこまでも届たいと思われているのではないか、ということです。

 

KOKIAさんの音楽(歌・曲)は、時には一人で落ち込んでいるときに寄り添ってくれたり

「それでもまた、前を向いて頑張ろう」と勇気を奮い起こさせてくれたり・・・

また時には「平和への祈り、心からの願い」を込められたものがあります。

 

そうした、いわば彼女の「メッセージ」「想い」が強く込められたものと思える音楽は

現在までにKOKIAさんが発表された、数多くの楽曲の中に沢山ありますし

新たにアルバムを発表なさった時期に行われる

これまでの(アルバム〇〇〇〇を引っさげての)コンサートツアーなどでも

十分に、その想いを感じることはできました。

 

ただ、昨晩のオーチャードホールでは

数少ないながらも、私がこれまでに拝見、拝聴させていただいたKOKIAさんの

どのステージにも勝るとも劣らない「歌う人」KOKIAの「覚悟」「魂」を感じました。

 

きっとそれは、オーチャードホールという素晴らしい

彼女自身にとっても、とても思い入れの深い会場で行われたコンサートであったから・・・

素晴らしきサポートメンバーに加え、チェロとヴァイオリンという二つのストリングスという

KOKIAさんの音楽に、このうえなく調和するスペシャルサポートがあったから・・・等々の要因も

確かに作用していたから、感じたことなのかもしれません。

 

しかし、私はそれ以上にKOKIAさん自身の音楽に対する「歌のチカラ」が日々進化しているからこそ

あの素晴らしいファイナルステージが生まれたように思いました。

 

 

『自分を超えるのは、自分でしかない』

 

 

KOKIAさんが昨晩おっしゃった、その言葉に

彼女の「KOKIAの音楽」に対するぶれない気持ち、情熱と可能性は

きっとこれからも、「歌う人KOKIA」を進化させ続けて下さるだろう。 

と感じずにはいられませんでした。

 

KOKIAさん、素晴らしい歌を、楽曲を、そして感動のステージをどうもありがとう。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

日和

Author:日和
KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。(日和)

日和:私 
shi-chan:ハニー(妻)
chi-:娘 (社会人2年生)
yu-:息子(大学3年生)
愛犬:ロザリー(♀8才)

ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人、休日は気ままにブンブン♪ドライブを楽しんでおります。KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。(shi-)

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
01 ≪│2020/02│≫ 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ