FC2ブログ

伸び伸びと育てる

shi-です

子供は伸び伸びと育てるのがいいそうです。

小さい頃からの英才教育や、ガミガミ口うるさく叱ってばかりの子育てでは、

 後に反発心が芽生えてきたり、

将来伸び目がなくなってしまうことが多いんだそうです。

年齢に応じた子育て というものがあるようですが、

褒める・認める・尊重する が重要みたいです。

 

 

英才教育と言えるのかは分かりませんが、

yu-には3才の頃から公文へ通わせています。

私といえば、「宿題終わったの?」 とか、

「遊びに行くならやる事やってからよ!」と 少々口うるさい母親で、

息子を押さえつけていたことも多かったんだと思います。

もちろん褒めることは常に心掛けておりましたが・・・。

 

最近、反発気味な態度をとるようになった息子を見ていて、

ふと気がついたんです。

 

ひょっとすると、このことか

 

伸び伸びと。

余計なことは、おくちチャック。

1褒め、2褒め、3励ます。

キミだったら大丈夫!と認める。

 

実行してみると、そう簡単にはいかないこともあるけれど、

今、一生懸命取り組んでいます。

 

そんなyu-は先月受けた、英検3級の一次試験にみごとギリギリのラインで合格

つい先日の日曜日(KOKIAの苗場ライブがあった日)には

面接方式の二次試験があったわけですが、

試験一週間前になってもチンタラしていて、のん気なyu-。

一体いつになったら試験対策に取り組むのだろう?

いくらなんでも、試験前日の土曜日くらい本気モードで勉強に取り組むでしょう!と、

家族の誰もが信じていたところ、 

土曜の朝、キラキラ瞳を輝かせた息子が私のところへやってきました。

「今日遊びに行っていい

 

←(母驚きの顔)

 

本来ならば、「明日は試験なんだから、今日くらい真剣に

お勉強しといた方がいいんじゃない」 と言っていたはずの私。

 

いくら伸び伸びと・・つったって、ここまで伸び伸びさせててもいいのだろうか 

そんな疑問が湧いてきたことも事実ですが、

でも、" この子はまだ5年生。今遊びたい盛りなんだわ。" そう考えを改め、

「いいよ、行っておいで」 そう笑顔で返しました。

 

すると、息子はいつも延ばし延ばしにしていた公文の宿題を自ら進んで

さっさと終わらせたかと思うと、朝の9時にはもう遊びに行ってしまいました。

 

なるほど 息子の気持ちを尊重し、満たしてやれば、自分なりに時間の使い方も

工夫するようになるのかな?

そう思いました。

 

帰って来たのはお昼もとっくに過ぎた午後の一時半。

そこでもガミガミ言うのを堪えときました。

せっかく息子はいい気分で遊んできたのだから・・・。 

 

遊びから帰った後、息子なりにパラパラっと勉強してたみたいです。

猛烈に勉強しないと、なかなか理解に繋がらないお姉ちゃんからすると、

いい加減というか、ナメテルというか、要領がいい弟が面白くないらしいですが

 

こうして次の日迎えた二次試験、結果はどう出るやら・・・。

結果はどうであれ、まだこれが人生を左右する試験じゃないのだから。

そう思うと、私も気持ちがうんと楽になりました。

合格できたらラッキー。

不合格でも、きっと息子はそこで学ぶことがあるんじゃないかな、とも思います。

スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

日和

Author:日和
KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。(日和)

日和:私 
shi-chan:ハニー(妻)
chi-:娘 (社会人2年生)
yu-:息子(大学3年生)
愛犬:ロザリー(♀8才)

ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人、休日は気ままにブンブン♪ドライブを楽しんでおります。KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。(shi-)

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
02 ≪│2020/03│≫ 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ