横浜ドライブ


最近、休日はshi-と二人でドライブに出掛ける機会が多く

先日の「赤レンガコンサート」に足を運ぶ際にも

ちょいと早出をして、ゆっくりのんびりドライブがてら向かいました。


横浜市内に入ってから、以前から気になっていたお店

パウンドケーキ専門店の”Pavlov”を目指して進みました。

実は知人からご招待券をいただいていたので

いつか時間がとれたらshi-と二人で来てみたかったのです。

2016-07-17-14-29-16_photo.jpg


中華街の外れ、元町でもどちらかといえば裏通りというイメージの

落ち着いた雰囲気の街区にある、こじんまりとしたお洒落な店構えです。



店内はこれまたお洒落で、決して広くはないけれど

ヨーロッパの邸宅のサロンといったイメージでした。


2016-07-17-13-43-50_deco.jpg

ケーキはそれぞれがしっかりとそのコンセプト

例えば、チョコレートとか、メロンとか、ベリーとか・・・を主張していて

見た目も良かったけれど、お味も食感も絶妙でした


それにホールスタッフの対応も親切丁寧で好感が持てました。

ので、つい帰り際に「また来ます!」と御礼を言っていました。


気持ちの和む、美味しい時間を過ごさせていただきました。


shi-は、これでランチとしてもご満悦だったようですが

私は若干おなかに余裕を残していたので

やっぱり、せっかく中華街にいたということもあり

小腹に入れさせてもらいました。


久しぶりのネギラーメン。

2016-07-17-14-47-03_photo.jpg

ちょっと急いでいたので、近くにあったから飛び込んだ

お店でしたが、期せずして美味しかった

確か「千骨家」さん。ゴメンチャイ


家系ですが、割とあっさりしたスープで

腹ぺこで行ってたら、間違いなくガッツリ食べてたと思います。



さて、その後は先日の記事の通りで赤レンガ倉庫に

辿り着いたわけですが


いま思えば・・・

KOKIAさんの久しぶりのライブに、久しぶりの懐かしい楽曲たち

セトリのメモを取りながら

曲名「おばあちゃん」を「サルスベリ」と書いたり

「ぬくもり」を「愛がきこえる」と書いたり・・・。

まったく曲名が出てこなかったものは、あとでshi-に聞いたりと

すっかり「ただの不良オヤジancoroや・・・」と情けなく感じてたのは

内緒の話です。



さて、なんやかんやでライブも楽しめました。

会場を出る頃は、まだうっすらと明るく

花火大会の見物客で大にぎわいでしたが

私とshi-は、子供達の待つ家路を急ぎました。

2016-07-17-19-15-03_photo.jpg


来春・・・いや今年一杯までかな~、子供達が気になるのは




スポンサーサイト

アルバムをめくるように


KOKIAさんの横浜赤レンガ倉庫でのコンサート

2016-07-17-16-04-15_photo.jpg




「アルバムをめくるように」
2016-07-17-15-46-47_photo.jpg

初日(17日)の回に行って参りました。


セットリストは(間違えてたらすんまへん

[前半(メドレー)]
1. 昼下がりの時
2. 白い雪
3. Say Hi!!
4. The Power of Smile
5. Happy birthday to me
6. 夢がチカラ
7. ぬくもり
8. おばあちゃん
9. この地球がまるいお蔭で
10. moment~今を生きる~
11. あの日の私に
12. Where to go my love
13. Family Tree

[後半]
14. 傘を貸してあげて
15. Something blue&Somethig red
16. 本当の音
17. INFINITY
18. Remember the kiss
19. 心のロウソク
20. おいしい音 yum yum music

ピアノ:瀬田創太さん ギター:高木大輔さん



KOKIAさんの赤レンガコンサートといえば、私たち夫婦に
とっては2011年の7月以来、実に5年振りになる思い出の
コンサート会場でした。

あのときはKOKIAさん、喉の調子、体調が良くない中での
コンサートになってしまいましたが、気迫のこもったステージ
だったのでメッチャ感動したなぁ~。

早いもので、あれから5年・・・

再び訪れた赤レンガ倉庫は敷地内でラーメンフェスティバル
なども催されていて大変なにぎわいをみせておりました。

赤レンが館内は小さなショップが軒を連ね
「あぁ、そうそうこんな感じ(そして蒸し暑い)」ということを
思い出させてくれました。

ひと通り館内をうろついたところで喉もカラカラになりましたが
今日はBom bomと、ドライブで決めてのお出かけ
だったので、雰囲気の良さそうなビアホールを横目で見過ごし
早めにライブ会場のエントランスへ向かいました。

ライブ会場内は、むしろエアコンが効き過ぎているくらいに感じ
こんなに涼しくしては、却ってKOKIAさんの喉にわるい影響がでるのでは~
と心配しましたが、まったくの杞憂でした。

セットリストは上記の通りで、曲数的にも楽曲の発表時期的にも
「アルバムをめくるように」というコンサートのタイトルがぴったりと
当てはまるように感じましたが、KOKIAさんもMCで仰っていたように
KOKIAさんの楽曲は一曲一曲が、その歌全体を通して始まりから
終わりまでを完結させている曲ばかりなので、その曲の一部を
ピックアップして構成しなければならないメドレーは、KOKIAさんの
楽曲にはそういう意味からすれば物足りないというか、不完全な形
になってしまうのが残念でした。

とはいえ素直にいろいろな曲を聴けるという点では、楽しめる構成
だったのだとも感じました。

そして、「アルバムをめくるように」というタイトルのライブだけあって
それぞれの曲を作られた(発表された)時期にあったKOKIAさんの
お心の内や創作エピソードなども少しだけ語って下さいました。

きっとKOKIAさんがこれまでに産み落とされた楽曲のひとつひとつが
私などには図り知ることのできない、その時々の様々な経験や体験に
基づいて産み落とされたものなのでしょう。

そして、その時々にKOKIAさんが感じられた思いや、伝えたいことなどが
彼女の内側から湧きあがるように創作意欲をかきたて、それぞれの楽曲
として世に送り出されてきたのでしょうね。

ライブのセットリストは当然、興行する側のアーティストやプロダクションの
意向でつくられるものですから、聴き手としてはそのようにして作られたステ
ージをどう捉えるのか、受け手の立場でしかありませんが、今回のような
「アルバムをめくるように」と謳うコンサートであれば、諸事情もあろうかとは
思いますが、出来れば以前のようにファン投票のような(そんなのありません
でしたっけ?)ものを基に、過去に遡ってファンの側が聴きたい曲をリクエスト
できるような形で、是非また開催してもらいたいとも感じました。



5年前に、5年後のKOKIAさんが、現在あるような状況で歌っていらっしゃる
とは想像できなかったな~。・・・お母さんだし。

もちろん歌唱力はさすがにKOKIAさん、抜群でしたし、そういう意味では完全に
5年前のステージのリベンジは果たされていらっしゃいましたよね。


ただもう一度、あの頃のような打ち震えるような感動をライブで味わえたらなぁ・・・。


欲張り過ぎなのかもしれませんが、現在のKOKIAさんがどこへ向かおうとしている
のか、今回のライブを観る限りでは、残念ながら私にはまだ分かりませんでした。


5年なんて、過ぎてしまえばあっという間のことなんですけどね・・・
いや、5年前なら分かっていたということでもありませんがね


良いことも、そうでないことも、人それぞれにいろいろなことがあるものね。




KOKIAさん、すばらしい歌声をありがとうございました。

あなたを超えられるのは、あなたしかいません。



・・・楽しみにしています


プロフィール

日和

Author:日和
ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人、休日は気ままにブンブン♪ドライブを楽しんでおります。KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。


日和:私(お父さん) 
shi-chan:ハニー(お母さん)
chi-:娘 (新社会人)
yu-:息子(大2)
愛犬:ロザリー(♀7才)

KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
06 ≪│2016/07│≫ 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ