FC2ブログ

とりとめもない親父の話


今年の夏は、涼しくない日々が続きましたね~

最近、ようやく夜も涼しくなり、眠られるようになってきました。

かぶとむし

カブトムシ

今年の夏も出会いました。


今年、これまでの8ヶ月、わが家にとっては大きな変化がありました。

1月・・・は、特別なことはなかったかな?

2月は、yu-の高校受験、大雪、それにまつわるトラブル

3月は、chi-の引っ越しの準備と卒業、yu-の卒業。

4月は、chi-の入学式と一人暮らしのため引っ越し。
yu-の入学式と、shi-はPTA役員選出と役員会が始まる。

5月からは、yu-がラグビー部に入るの入らないので・・・結局入ったから
yu-本人はもちろん、shi-にも休日が無くなった(弁当とか洗濯とか盛り沢山)。

6月は、chi-の大学、yu-の高校の保護者会とラグビー部の総会。

・・・で7月、夏休みに入るとchi-が帰省し
ついこの前、菅平までyu-のラグビー部合宿へ、ささやかなお手伝いと応援のために
行ってきたと思ったら、先週末にはchi-が地方キャンパスへ戻るために
yu-を自宅に残して、chi-を送って参りました。
(その日の晩、テレビに友人が出演してビックリ


子どもたちの生活環境の変化は、私たち親にもに大きな影響を与えています。
その生活にまだ慣れるのに精一杯で、来る日も、来る日もバタバタしている感じです。
(因みに学費や仕送り、諸々の出費もWパンチでハンパありません

子供達自身はといえば、chi-も、yu-も
それぞれが行きたかった学校へ、進学することができたのは良かったけれど
二人とも余裕の学力で、入学させてもらえた学校では決してなかったと思うので
進学先での勉強が、やっぱりちょっとしんどそうです


私も、子供達から学校の宿題や課題、定期テスト対策など
いまだに時々頼られることもあるのですが

正直、今更学生時代の記憶を呼び起こすことも、新しく理解することも
何より、そこに取り組もうとする体力に自信がもてません

でも「そんなもん、お父さん分からんわっ」とバッサリ言えないので
夜中にこそこそ解法調べたり、使えそうな文献調べたりすることもあります
・・・寝る間を惜しんで

やっぱり、まだまだ子供達に「さすが、お父さん」と言ってもらいたいのです。

いつまで経っても子供は子供。

積極的に親として子供に関われるのも今のうちだけでしょうから。
「子供達が社会人になるまでは・・・」と、思っているので・・・。

順調にいけばyu-が社会に出るまで、あと6年半。
それまでは親としての役割を積極的に果たして行こうと思っています

そんなバタバタなわが家の夏休みも、もうすぐ終わり。
今年も残り4ヶ月ほどとなってしまいました。

歳を重ねるたびに、過ぎていく一年が早く感じるもの。

そりゃ、ワシ、おっさんにもなるわな。

でも、着実に私やshi-の養分は子供達に注がれています

だから、まぁ、本当は自分がおっさんになろうが、とっつぁんになろうが
構いやしないのです

私たちの育てた子供達が将来、どんな大人になってくれるのか

このうえない楽しみがありますから




結局、とりとめもない親父の話になってしまい、すんまそん





スポンサーサイト

菅平高原の熱い夏



今年の夏は、わが家にとって大きな変化のあった夏でした。


7月の終わりに、大学生になって一人暮らしを始めた娘のchi-が帰省し

ちょっとだけ大人になったかな・・・と思ったけれど

実は、chi-以上に変わったていたのが弟のyu-でした。


これまで本当に運動(スポーツ)なんてモノとは縁が無く

漫然と平凡な中学校生活を送っていたyu-でしたが

文武両道の高校へ入学できたのは良かったものの

まるでそんな気も無かった、とある男気あふれる運動部に

入部するハメになりました。


そして、その部活を続けざるを得ない状況に陥ってから

というもの、それまでの生活から真逆の生活をしなければ

ならなくなってしまったのです。


最初は「なんで俺が!?」という思いもあったようで

そもそも、もう少し緩い感じの運動部への入部を予定していたyu-にとって

実は、目標を全国に置いている同校の当該運動部での取り組みは

まったく予期せぬ出来事だったと思います。


そんなyu-の様子を見ていた親としては

「いつまで続くかなぁ、大きな怪我はしないかなぁ」と

気が気では無かったのですが

この夏、5泊6日で訪れた夏合宿で

yu-の大きく変貌した姿を見ることができました。


yu-も、やっぱり私の血を引く男の子

気が強くて、他人になんと言われようと

こうと思ったら引かない頑固者タイプです。

DSC05869(2).jpg

                       VS. H二高戦

DSC05871(2).jpg

                   意外と軽快なフットワークのyu-


yu-にとって、デビュー戦となった試合。

結果は惜敗・・・いや惨敗(?)。


でも、貴重な一戦、第一歩となりました。

こんな真剣にスポーツに取り組んでいるyu-の姿を見たのは

確か、幼稚園のリレーの時以来です。


涙が出そうになりました。

ま、世間ではこれを親〇カというのでしょう。


あいつのこれまでの短い人生では味わったことのない

試練にブチ当たっていますが、逃げてはいません。


これから先、長い人生の中でブチ当たる

たくさんの試練に、どう立ち向かえるか。

試金石となる、今年のyu-の夏合宿だったように思います。


頑張れ、yu-

(大きな怪我だけはしないでね・・・By shi-)


そういえば合宿先の菅平で

「頑張ってんねんから、頑張れとかいいなや」という

キャッチコピーのプリントされたTシャツ着てる子見かけたな。









プロフィール

日和

Author:日和
KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。(日和)

日和:私 
shi-chan:ハニー(妻)
chi-:娘 (社会人2年生)
yu-:息子(大学3年生)
愛犬:ロザリー(♀8才)

ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人、休日は気ままにブンブン♪ドライブを楽しんでおります。KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。(shi-)

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
07 ≪│2014/08│≫ 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ