FC2ブログ

父親家庭教師

9月の半ば過ぎから、長男yu-(中2)の家庭教師を

原則として週2回、行うようになりました。


ま、父親が息子の勉強につきあうだけのことなので

「家庭教師」という呼び名もどうかとは思いますが・・・


いずれにしても、私に勉強を見てほしいということは

息子の側から言い出したことですが

私としても、それはそれでイヤな気はしなかったものですから

9月下旬の中間テストのための勉強をはじめ、家庭教師をする

ことを約束したのです。


私と息子のyu-との親子関係はこれまでも

とりわけて不安な関係になるようなことはありませんでしたが


中学に入ってからは、yu-にも反抗的、または粗雑な態度が

極めて目立つようになって参りました。


そんなyu-を叱りつけるとき私は

時には力でねじ伏せるようなこともありまして

そうしてしまった後は、我ながら「つい、怒りの感情に任せてしまったなぁ
と感じることもあるのですが

それでもやはり父親と息子との間には

それくらい思い切りぶつかり合った方が

お互いに分かり合えることもあるものだと思います。


妻のshi-に言わせれば、yu-の反抗期はもっと小さい頃から

たびたび顔を出すこともあった、と言うのですが

私の中では、yu-の反抗に手を焼かされたという記憶がなく

むしろ娘のchi-が心の内をあまり明かさなくなっていった頃

の方が、子育ての難しさというか、子供との関わり方に対する

自信を揺るがされる出来事に感じたりしておりました。


中学生になってぶつかり合うほど反抗的なyu-との関係が

少しずつ変わっていくきっかけとなったのは

思い起こせば、まずは今年の5月、連休に訪れた千葉にある

大型アミューズメントパークへの一泊家族旅行


最近ではKOKIAさんのライブに行くときでさえ

家族全員が揃うことが難しい状況にありますが

この旅行企画には、chi-もyu-も目を輝かせて

「行きたいと返事をしてくれました。


自分が子供たちと同じくらいの年頃のときには

「両親と旅行に行きたい」とは思わなかった年頃ですから

いくらこのアミューズメントパークが楽しみだとしても

気持ちよく「行きたい」と返事をしてくれた時は

もちろん嬉しさもありましたが、実は驚きでもありました。


アトラクションの巡り順を「あーでもない、こーでもない」

言い合ったり、パークで絶叫マシーンに乗ってテンション

が高くなったり、食事をあれこれ悩んだりしている内に

子供たちのことが、かつて親の言うことは素直に聞き、ダダを

こね、親を畏れ叱られるとすぐ泣きだしてしまっていた頃・・・

小さい天使たちだったあの頃の姿と重なって見えてきたのです。



さらに夏に訪れた飛騨高山への家族旅行では、子供たちにも

立案時からの企画への参加はもちろんのこと

例えば写真撮影の一部はyu-にも任せる

夜寝る前のレクリエーション企画はchi-に立てさせる

などの役割も与え、与えた役割には失敗しようがケチをつけない。


必要とあらば敢えて子供に頼り、その意見をたてていく。

親画が手を出せば簡単なことでも・・・意を決して手を出さない。


子供たちが成長していく過程で

そんな風に、わが家の中における家人同士の関わり合い方も

ひとつステップアップさせていく必要がありました。


でも、その甲斐があって今年の夏の旅行は

今までの大人が子供を従える、楽しませるという

これまでの構図とは明らかに異なる形になりましたが

それぞれがおおむね満足出来、楽しい家族旅行になったと

思います


そういうわが家の状況の中にあって

yu-の中で成長するために必要な意識がまたひとつ少しだけ

・・・ほんの少しですが変わる契機となった出来事がありました。


それは先月の学校訪問(高校の文化祭見学)です。


「お父さん、勉強みてよ!」

学校訪問から帰るとすぐにyu-から頼まれました。


安請け合いをしたのはいいのですが

中学レベルの科目学習とはいえ結構難しく感じました。

遠い昔、家庭教師のバイトもやっていたり、講師のバイトをしたことも

ありますが、うん十年も前の話

現在となっては、例えば数学などは公式などもすっかり忘れているので

直ぐに教えてやれることなどほとんどありません


yu-には「お父さんに教えてもらったこと(解法)って何かあるっけ?」

近頃はそんな失礼なことを言われる始末です。


・・・ただ・・・まぁ、完全否定もできませんがね



でもね、今、息子が勉強したいという気持ちになり

「勉強をすることの有益さ」を息子に納得できるように伝えるには

息子の性格や思考を一番知っている私が適役なのだとも思います。



そういう意味での家庭教師の私から、yu-は親から色々なことを

勝手に学んでくれます。


物事、事象の考え方、捉え方、(私が酔って家庭教師の時間中にうたた寝

などしているときは)こんな大人にはなりたくないという反面教師的一面

・・・など色々。


子供にあれこれ求めることは簡単です。

親にとっては「楽]」だということです。

自分が辛抱強く我慢しなくていいのですから。


子供へ言いたいこと、直させたいこと、色々あるかもしれませんが

まずは自分が辛抱して子供の良いところを見るようにしてやろう。

そして自分の意見を言い聞かせる前に子供の話を聞いてやろう。


最近、そんな風に思えるようになってから

わが家では娘のchi-ともそうですが、特に息子のyu-とは一層お互いの

信頼関係が深まったような気がします


親子関係、子育ては簡単ではありませんから・・・本当に。


子供たちがそれぞれ一人前に育つまでには、まだまだ遠い道のりを

三歩進んで二歩下がる・・・ということになるのでしょうが

きっとウチは家族全員で迷いながらも頑張れそうな気がします。


しばらくはブログ更新もおざなりになることもありそうですが

そんなときはきっと日和は居眠りしながらも

子供たちの勉強や話につきあっていると思って下さい。


あ、先日の中間テスト

chi-はまだ戻りきっていませんが結構得点を伸ばしているようだし

yu-にいたっては五科目合計で439点だったらしいです。



まだまだですが、彼らなりに頑張った結果です。


chi-、yu-、よう頑張ったな











スポンサーサイト



tag : 親子 家庭教師

プロフィール

日和

Author:日和
KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。(日和)

日和:私 
shi-chan:ハニー(妻)
chi-:娘 (社会人2年生)
yu-:息子(大学3年生)
愛犬:ロザリー(♀8才)

ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人、休日は気ままにブンブン♪ドライブを楽しんでおります。KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。(shi-)

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
09 ≪│2012/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ