スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 第29回全国都市緑化フェアTOKYO 

shi-です。

第29回全国都市緑化フェアTOKYO 

この度新しく拡張された「井の頭恩賜公園」西園エリア内の大規模催事ステージにて、KOKIAのフリーライブがありました。

日和さんは仕事、chi-は学校、 yu-は友達と遊ぶ約束があったので、今回は私1人で吉祥寺へ向かうことに~

吉祥寺で降りるか三鷹で降りるか、かなり迷ったのですが、結局三鷹の駅で降り、緑化フェアの臨時直行バスに乗りました。

ところが、私以外だれも乗車しなかった為、運転手さんとマンツーマンの豪華貸し切りバスだったという

第29回全国都市緑化フェアTOKYO 


公園内を散策してみるのもいっかぁ~っと、気持ち早めに到着してみたら、、、おっとすでに変態さんたちがパラパラと・・・!!!Σ( ̄ロ ̄lll) ソンナワタクシモヘンタイデスガ、ナニカ? 

で、2列目の席をゲットさせていただきました。


ステージはこんな感じ
↓ ↓ ↓
第29回全国都市緑化フェアTOKYO 

KOKIAとコキア(ほうき草)のマル珍コラボレーション


セットリスト

宇宙が・・・
te a te
infinity
Remember the kiss
世界の終わりに
愛と平和と音楽と
この地球が丸いお陰で
moment~今を生きる
ありがとう・・・



☆サポートメンバー☆

キーボード:浦清英
ギター:松尾和博
ベース:斉藤光隆
パーカッション:山本恭久




約1時間。暑くて暑くて時々意識が遠くなりかけたりしましたが、フリーライブなのに、驚くほど豪華で素晴らしいステージでした。

「世界の終わりに」でtrip してしまい、気がついたら最後には涙が勝手に溢れてしまったりも・・・。

その後もいい感じで酔いしれていたのですが、実は「愛と平和と・・」だったか、「moment」だったか? ふと途中で浦さんを見た途端吹き出しそうになってしまい、肩も震え出したので、このまま浦さんを見続けるのはヤバイっと思い、すぐ視線をKOKIAちゃんに向けて気持ちの立て直しを図るのに必死でした。

まぁ、それだけ感情が込められていたということですね^^;


infinityあたりから急遽日和さんも駆けつけることができ、後ろの方で聴いていたと言っていました。


来週の日曜日も吉祥寺でフリーライブがあります。

次回はどんな曲が聴けるのか、今からとっても楽しみ

晴れるといいな~。
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

秋の味覚

shi-です。

先日、日和さんが大量の栗を現場から連れて帰ってきました。

栗

スーパーの袋いっぱいに詰められた栗。

結構な量に一瞬「え゛?マジで??」ってなったのはここだけの話し。

だって、生の栗大量って、ちょっと退きません 栗は美味しいと思うけど、固い殻を剥くのがとにかく苦痛・・・

でも、折角持って帰ってきてくれたので、取りあえず半分だけ茹でてみることに。

ちょっと面倒なのですが、栗は茹でる前に一晩水につけておくと仕上がりが良いので、一晩しっかりと水につけます。
そして洗った後、カップ1/2を鍋に注いで25~30分ほどで茹で上がり

冷まして剥き始めるも、効率悪い地味な作業に早くも嫌気がさしてリタイヤ。

栗ご飯でも作ろうかと思ってたんだけど・・・ちょっと無理っぽ・・

と言いかけたところ「あぁ、じゃあ、俺が剥いてあげるから


ってことで日和さんとタッチ交代。

栗くり坊主


その名も「栗くり坊主」という栗専用ハサミを使い、黙々と作業を続けてくれること約2時間

↓  ↓  ↓
(本当はもうちょっと沢山ありました)
栗
 お  つ  か  れ  ちゃん


そしてゴミの山
↓  ↓  ↓
栗

周辺一帯、栗の実の欠片やカスの飛び散りも凄かったです



こうしてやっと翌日、たっぷりの栗ご飯にありつくことができました

栗ごはん

苦労して、苦労して、苦労を重ねて作った栗ご飯は超贅沢で、まいうー
・・・って、ほとんど剥いたの私じゃないんですけど




ですが暫くはもう殻付きの栗は勘弁してほしいです

吉祥寺でランチ

shi-です。

今日は神戸ライブの日でしたが・・・

姉的存在でもあった素敵なご夫妻に、今の内どーーーーーーーーーーーーしてもお会いしておきたくて、我が儘承知で「会いたいの」とラブコール送信。

念願叶って急遽お会い頂けることになり、otonamiでも紹介のあったKOKIAちゃんお勧めの primi baci という本格イタリアンのお店へ行ってきました。

プリミ・バチとはイタリア語でファースト・キスを意味する言葉なのだそう。

Primi Baci

Primi Baci



テラス席からの眺め  1階には「金の猿」という和食レストランがあります。

Primi Baci



前菜
Primi Baci


パスタ
Primi Baci

Primi Baci

Primi Baci


肉or魚
Primi Baci

Primi Baci


デザート&コーヒーor紅茶
Primi Baci

Primi Baci

Primi Baci


どれも美しく、絶品のプチ・フルコース

注) 人のメニューの分まで撮っていたので(日和さんが)、お料理の画像が若干多くなってますが
お店の方から撮影許可を頂いていたので、遠慮なくバシバシ撮っちゃいました。


ご夫妻は趣味の話から仕事の話、子供の話まで、沢山のことを話して下さいました。
将来自分達の子供が社会人となって、家から送り出す時が来た時、私たちもこのご夫妻のようにいつも笑顔を絶やさず、夫婦で支え合って、幸せでいられたらいいなって思います。

そんなこんなで、気がつけば4時間が経過 い、いつの間にーーーーー

お忙しい中、私たちの我が儘に快くお付き合い下さいまして、本当にありがとうございました。

遠く離れていても私たちはいつも空でつながってる。KOKIAでつながってる。きっと、またどこかで会えるはず。

別れの言葉は さよならじゃなくて、「また会おうね」がピッタリ。だから最後はそう言いました。




プリミ・バチはかなりオシャレなお店なので、大切な記念日とか、格好良く決めたいデートなんかにピッタリなお店だと思います

皆さんも是非~。

質問


つい最近、ひょんなことから息子の勉強を見てやることになりました


先日、某高等学校の文化祭に行ってから

少しずつ、ほんの少しだけ息子のやる気スイッチが入ったようです


やる気が本気かどうか、手始めに来週中学校で行われる

定期テストの対策勉強などを行いました


意外にも、息子の方から

「お父さん、勉強見てくれるんだよね」と、声を掛けて来たのです。


性格や考え方はどちらかと言えば父親似の息子ですから

試験対策などを事前に十分行うようなことは

未だかつてあり得なかったハズでしたので

この一言は、まさに「青天の霹靂」でした


嬉しさ半分、めんどくささ半分の私でしたが

結局、息子の勉強を見てやると決めたら

気持ちを自分がテストを受けるかのように押し上げて

息子の待つ部屋へ向かいました。


久しぶりに見る中学の教科書、問題集。

(「あれ?こんなん中学でやったっけ?」)

再び、意外にも難しい問題の内容と自分の記憶の曖昧さにビックリ


(「あかん、この問題分かれへんぞ・・・」)

そんなときに限って「イヤ~ンな質問を息子はぶつけてきやがります。


「お父さん、この問題『座標平面上の点Aが・・・』の解法は?」

「う~ん・・・(ムツカシイ・・・)」


「ねぇ、ひょっとして分かんないの(あれ~)」

「いや、分かる(ちょっと、待てや)」

ホンマに教えるどころか、簡単に答えることもできない問題が多々あります。

ま、それでも父の威厳を失わないようにと、何とか答えをひねり出すのですが

中学の問題とはいえ、まったく侮られへんモンもあるんです。


「分からん問題はお父ちゃんが教えちゃるな~んて言ってしまったけど

いつ答えられへん問題をぶつけてくるのか

それに答えても間違っていたり、うまく伝えられなかったり

白目むいて訳のわからんうわごとをつぶやいてしまったりしたら・・・と思うと

お父ちゃん、結構ドッキドキだったりするんです。


とはいえ、こうして「父に勉強を教わる」ということに対し

今、中2の息子が自然に受け入れる、というか父に頼みに来るということが

もしかしたらあり得ないことなのかもしれないと思いました。

少なくとも、自分が中2の頃ではあり得ませんでしたから


当然、勉強をするという目的をもっての息子と関わる機会ですが

このコミュニケーションを通して、息子の考え方や近況を

詳しく知ることもできるし、私の考えや想いを息子に伝える機会にも

なりますので、私たち親子にとってはとても良い機会になりそうです。


ただし科目での難しい質問は、ほどほどでお願いしたいとも思いますがね





続きを読む

アタシのこと呼びましたか?

shi-です。


朝出勤する日和さんを見送ろうと、いつものように外へ出た時のこと。
 

あれれ
ロザ子~なんだかお鼻の色素がまた薄くなってない

ロザリー




ロザリー! ロザリーってばー




ロザ: 「なんですか? アタシのこと呼びました?」


 「ちょっ・・www」



ロザリー



お鼻にお花をくっつけ、笑みを浮かべるロザ子に、思わずプププーッと吹いてしまいました。

きっと、お庭でクンクンしている時に、たまたま花びらがくっついちゃったのね





続きを読む

テーマ : ワンコ日記
ジャンル : ペット

都会の隠れ家コンサート2012

shi-です。

sonorium

sonoriumでの集いも今年で4年目。
2012年は更に回数も増えて全7回の開催となりました!
KOKIAちゃんやancoroちゃん達の地道な種蒔き効果スゴイです


都会の隠れ家の集い2012


今回はchi-がどーしても外せない用があった為に、家族3人での参加となりました。

sonorium

代金は支払い済みだったので、入場がとてもスムーズだったように思います。



入場の際に頂いたポストカードと・・・

ポストカード

フィンガーフード&しゅわしゅわの飲み物。

フィンガーフード2012

悩みに悩んで、結局昼間っからアルコールをいただいちゃいました
フードもシャンパンもとーっても美味しかったのですが、案の定すぐアルコールがまわって耳まで真っ赤っかに


sonorium


セットリスト

心のロウソク

サルスベリの揺れる頃

大きな背中

Scarborough Fair

Faraway

愛はこだまする

moment

Remember the kiss


ゲスト: 瀬田創太(ピアノ) / 松尾和博(ギター)



曲のあいだ間でファンの方からの質問を受けつけて、KOKIAが答えていくという流れでした。

質問内容については割愛しますが、いつか動物シリーズでアルバムを出したいとも思っていて、動物ものを書きためてあるのだけれども、「ピアノとKOKIA」というのがやりたくて、そちらの方が先にリリースになってしまうかも? とおっしゃっていたことが気になりました

いやぁ~数年前、「yu-くんが中学生になる頃に動物シリーズは出そうと思っています」てなことをKOKIAちゃん言ってくれてましたのでね、、、、、もう中学も2年なんですけれども

高校生か大学生か、はたまた社会人になっちゃってたりするかもしれませんが、その日がくるのを楽しみに、首を長ーーーーーーーーーーーーーーーくして待っていますのでね、KOKIAちゃんのペースでゆっくりとお願いしますね


今回、個人的に一番良かったのがmoment。
狭い空間で力強く響き渡るmomentは本当にかっこ良かった
もっと贅沢言えば、最前列で聴いてみたかったかな。

でも、FarawayもScarborough Fairもすごく良かったです。

今日の瀬田くんは80点とか言われてましたけど・・・
とっても素敵なピアノでしたよー。
でも次回は満点な瀬田君も見たいです

それから、思いがけないもう1人のゲストが松尾さんで、飛び上がりたくなるくらい私は嬉しかったです。
ド素人なので、感覚的にしかわからないのですが、松尾さんのギターの音色がすごく好きです。


帰りは出口のところで、いつものようにKOKIAちゃんがお見送り。

今年も写真をお願いしました。

chi-が居ないため、集合写真ではなく、それぞれのツーショット写真をお願いしました。

yu-はKOKIAちゃんを余裕で超すほど、身長がぐんと伸びていてビックリ

それに、気付けばツーショットは今回が初という日和さんにもこれまたビックリでした

私はというと、途中で目を瞑ってしまったらしく、目が半開き状態で写ってしまい
ちょっと他人には見せられないゾ!って感じになっちゃいましたー


それでもまた1年後の開催が楽しみです

KOKIAちゃん、平野さん、スタッフさん、いつも温かいおもてなしの素敵な会をありがとうございます。

日和さん、今年も隠れ家連れて行ってくれてどうもありがとうね

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

集い前後の集い☆2012

今年もKOKIAさんのファンクラブの集い「都会の隠れ家コンサート」

開催される時期となりました。


そんなタイミングに合わせて「集い前後の集い」という

ちょっとしたお楽しみ会を今年も開催させていただきました。


ま、こちらの会は歌も演奏もございませんが

全国からおいでになるファンの方々で、ご縁があり、こういう会にご興味を持って

いただける方たちと開催させていただいております。


楽しく酒を酌み交わし、熱~くKOKIAさんの歌や音楽、過去のライブ等々について

語り合います・・・ま、たまに話しは熱~く脱線もしますが


そんな交流を通じて親睦を深めようという趣旨で開催している小さな会なのです。

そしてその開催は、私としてはこの時期のもう一つの楽しみだったりするのです。


さて、そんな理由で開催させていただいたこちちらの会

今年も皆さんと賑やかに楽しく過ごさせていただきました。


ご参加いただいた皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです


ただこの会、こちらで一方的に日程決めをさせていただいておりますので

「残念ながら日程の調整がつかず不参加ですが、楽しんで下さい!

などというご連絡も事前にたくさん頂戴しておりました。


・・・日程、一方的に決めてしまっていて済みません

(来年はこちらも分会にしましょうかね^^;)


そして今年も、お新しい方にもご参加いただき

KOKIAさんの人気ぶりも、爆発的・・・とは、いかないまでも

着実に広がりを見せていることは嬉しい限りでございます


皆さん、それぞれにそれぞれのKOKIAさんとの出逢いがあり

KOKIAさんへの想いがあり・・・。


皆さんそれぞれのそういうお話を聞かせていただけるのも

こういう会ならではの楽しみだったりもします


お新しい皆さまには、こういう会をきっかけにしていただき

気の合うファン友達を見つけられてはいかがでしょう?


同じアーティストを愛でる気持ちのある者同士なのですから

きっと素敵な繋がりも見つけられるのではないでしょうか


ま、私の会にご参加下さる方達は、私をはじめオッサンが多いのですがね

本当に気の良いオッサンたちなんです。


うま1



オッサン万歳!!あれ!?


うま2





いよいよ・・・の楽しみ♪


さて、いよいよ今度のお休みに、私たちもKOKIAさんのファンイベント

隠れ家の集い」に参加させていただきます


すでに参加されたancoroちゃん友達からは

恒例となりつつあるこのイベントを通じて

KOKIAさんと間近で直接コンタクトできるチャンスの貴重さと

改めてアーティストKOKIAの素晴らしさを感じる、というご報告も頂いておりました。


確かに私たちファンにとっては「とても貴重な機会」なんですよね


この夏は、ちょっと前から個人的にはやりがいのある仕事が

立て込んできていたり、shi-と共に子供たちの進路や教育などについて

ひとつ上への意識改革の必要性を感じることが多々あったりもしていたからか

旅行に出掛けたり(おやじ)バンドの練習をしていたときなどを除くと

普段は何かと気ぜわしい日々を送っていたように思います


なので、残念ながらKOKIAさんの音楽に触れる日々を過ごす

ということすら、ろくに出来ずにいたのですが・・・


もうすぐ「今年も、もうすぐ『隠れ家の集い』やな~」と感じられる

今日この頃になって、だんだんとテンションが上がってきました


・・・楽しみ、楽しみ


今年はどんな歌を聴かせてくれるだろう。

どんな質問に答え、ここならではの話を聞かせてくれるのだろう。


あの小さな箱はこじんまりだけど、ギュッと心のこもったおもてなし


そんな心くばりの出来るアーティストKOKIAさん。



・・・嬉しいね~












tag : KOKIA 隠れ家の集い ancoro おもてなし

文化祭


先週に引き続き、高校の文化祭巡りをしてきました


今週訪問させていただいた学校は

現在、長男のyu-が最も憧れているらしい公立高校。

DSCF5398.jpg


しかし、実際に偏差値も相当ハイレベルな学校なので

yu-がチャレンジしたいと言うことさえ、現時点では全くおこがましいことです。


とはいえ、そういう学校であれば見学させていただくだけでも

何か意識の変革というか、yu-の気持ちを刺激するような発見が

期待できるのではないか、との親の思惑もあり

伺わさせていただくことに致しました


shi-は、この日のためにママ友さんの方から

こちらの高校文化祭に伺う際の留意点というか、見どころなどを

事前に教えていただいておりました。


そのママ友さんのアドバイスが

「コチラの高校文化祭に行くのなら、3年生の演劇は絶対見た方がいいよ

との事でした。


何でも、伝統的に3年生のクラスごとに開演する演劇は

例年、素人の高校生らしからぬ素晴らしい劇を見せてくれる・・・らしいのです。


で、その演劇を見るための整理券を得るために

早い人は朝の6時台から並びに来るのだそうです。


「そうまで仰るのなら、是非演劇を見たいなぁ・・・

私たちは朝の7時半頃に、こちらの高校に着きましたが

すでに長蛇の列が・・・


それでも何とか、目当てにしていたクラスの第一公演のチケットを

手にすることが出来ました


・・・しっかし、来場者の数も半端ではないと聞いていたとおり

開校(Open?)前の入場待ちの列は、まるで千葉県や大阪の大型レジャーランドを

彷彿とさせるほどの長~い列でした。


1時間以上待ったのち

ようやく校内に入り、チケットを取ったクラスの会場へ向かうと

これまたとても凝った、各会場の外装装飾が目に飛び込んできました

その凝り方、意匠のデザイン性、美しさも大したものでした。


暫く会場の外で待つ間に配布されたパンフレットには

この「劇」のあらすじ、劇を作り上げるに至ったいきさつや

そこに込められた製作者たちの想い、それにご苦労された点なども綴られていました。


そんなパンフレットを読んでいる内に会場内への案内が始まり

手際よく座席へと誘導されました。

「ちゃんと、人数制限や待機中の配列なども計算されていたんだなぁ・・・」

ここでも感心させられました。


会場内に通され、まず驚いたのが舞台セット。

とても細部に亘って手を入れて作られた感がある本格的なものでした。

「これ全部、高校生の子たちが作ったのかぁと、本当に驚きました。


そして、いよいよ開演。



すぐに劇中に惹きこまれ・・・あっという間の1時間半でした。



会場を後にする際には、全部オリジナルだったという

サウンドトラックCDもいただきました。


プロの劇と比べたら、それは足らない部分もあったかもしれませんが

それでも各キャストの演技も、舞台効果も、早着替えも、そして脚本も

素人の高校生とはとても思えないクオリティでした。


いや、むしろ「この文化祭に3年間の想いを賭ける

おそらく意気込んで、クラス全員で取り組み作り上げた彼らの「劇」には

プロの劇に勝るとも劣らない、一公演に込められた魂を感じた気がしました。



本当に素晴らしかった!!



yu-も、普段なら「・・・別にぃ」とか言いそうなものでしたが

今回ばかりはよほど感激したらしく「良かったぁ!!」と言ってました。


私が高校生の時だったら「恥ずかしいなぁ・・・と、きっと思って

しまったであろう演技についても、大人になった今、ようやくわかりました。


それ(そんな演技)が「できる」か、「できない」のか。


yu-には「この高校に通う生徒さん達は、それすら『できる』という

ポテンシャルをも持ち合わせているんだよ、本当に凄いよな」
と伝えました。


yu-は黙って頷いていました。

彼は、私たち親の想像を遥かに超えて感化されたようです。


この日、私たち夫婦はそのあともchi-の友人が通う他校の文化祭へも

足を伸ばさせていただいたのですが

こちらの高校でも一生懸命自分達の演目に取り組む生徒さんたちを

目の当りにしました。


高校生・・・高校時代、いいですね。

なんだか懐かしくもありましたが

沢山の可能性を持った子供達の一生懸命な姿を見ているだけで

感動し、元気を分けてもらった気がします。

親はいつまでも、子供達が元気で頑張っている様子を見ていたいものです。


よそのお子さんなのですが「(見に来てくれて)ありがとうございました!!」

なんて言われたときは、涙が出そうになりました


「一生懸命に生きる」ということは、世代を問わず美しく素晴らしいですね。

自分も、幾つになってもそういう人を目指したいと思いました。



・・・高校の文化祭巡りをして、感化されたのはyu-だけではなかったのかも











tag : 高校文化祭 一生懸命

H高校文化祭

shi-です。

yu-が憧れているH高校の文化祭へ行ってきました。

憧れるくらいなので、学力的レベルはかなり高く、今のyu-には相当厳しい高校なんですが^^;

全体的にどれも完成度が高くて面白い!

万遍なく見て回れるよう工夫が凝らされていたのがスゴイと思いました。

頭の良い子たちの集まりなので、そういった知恵もよく働くのか? 
学力的レベルとこれらの完成度は比例するのか?などなど、私が大興奮・・・^^;;
良い意味での衝撃をたくさん受けて帰ってきました。

普段、興味のないものには全く見向きもしないyu-ですが、さすがに憧れているだけあってか、帰ってきてからは頂いた冊子の隅から隅まで目を通していたようです。


来週の日曜日は、更に憧れているK高校の文化祭へ足を伸ばしてみる予定です。

そこは3年生の劇がプロ並みなんだよ~っと、知り合いのママさんが教えてくれました

楽しみです

学校見学でyu-のやる気スイッチON
って、良い刺激になったらいいんだけどな・・・

テーマ : 学校行事
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

日和

Author:日和
ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人、休日は気ままにブンブン♪ドライブを楽しんでおります。KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。


日和:私(お父さん) 
shi-chan:ハニー(お母さん)
chi-:娘 (新社会人)
yu-:息子(大2)
愛犬:ロザリー(♀7才)

KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
08 ≪│2012/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。