終わらない夏の空


『終わらない夏の空』(イメージ:於白川郷)



 Phot by yu-


まだまだ夏が続いてますね・・・夏・夏・夏・・・・




・・・ふうっ




yu-は明日から2学期が始まるらしいです



でも、お父ちゃんの2学期はとうに始まっていたりします



そういえば、お母ちゃんは1学期も2学期も、3学期もありませんでしたね



・・・感謝・・・しなきゃね





しっかし、毎日毎日、本間メッチャ暑っつぅ・・・涼しぃないわぁ~



ま、汗かいて働けるだけ幸せ、しあわせ





も~いくつねると~「隠れ家」や~でぇ~





皆さま、お身体ご自愛下さいませね~











スポンサーサイト

tag :

もうすぐ9月☆

しっかし、日中はまだまだお日さんがギラギラしとりますね


先日ご紹介させてもらった旅の記録の中で


まだ紹介していなかった美味いモンがありましたので


追記させていただきます。


こちらですドン



高山の朝市で購入した採れたて『生とうもろこし』


茹でたり焼いたりするまでもなく


生でかぶりつく


ムシャ、ムシャ、ムシャっと。


メッチャ甘~い


美味いでぇ~



こんなんや、あんなんや


美味いモン達とたくさん出逢った旅行やったけど


私にとって、とりわけ印象深かった「美味いモン」は


shi-も紹介してましたが


こちらはい、ドドン

DSC03664.jpg

『岩魚の寿司』


まったく臭みがなく、淡泊だけれどぷりっと張りのある食感。


鯛というか・・・う~ん、鮃(ヒラメ)に近いかも。


初めていただきましたが、斬新且つ美味でした



ところでふと気付けば、もうすぐ9月ですね。


まだ秋の気配は朝晩に若干感じる程度ですから


実際に秋が訪れるのは、まだまだ先のようにも感じますが


KOKIAさんの「隠れ家の集い」、第一回目はもうすぐなんですね。



また、あのヤブ蚊に・・・って、ワシあんま刺されへんかったわ。


蚊も、きっと美味いモン(血ぃわかっとるんでしょうね。




とはいえ・・・楽しみやな


今年は初めてツーショットをお願いしてみるかなー


やっぱ、アカンかなー



あ、ウチのほうの「集い」に連絡いただいた勇者の皆さん、どうもありがとう


人数確定したいので、今度の土曜(4日)の晚で締め切らせてもらいますが


それまで、まだまだご応募お待ちしとります。


よろしかったらどうぞ

















tag : 美味しいモノ KOKIA ファンの集い ancoro

スニーカー

今でも、愛犬ロザリーとは毎朝散歩に出掛けています。


もうかれこれ1年半くらいになります。


その間、ロザリーは成犬になり、ディスクキャッチもできるようになりました。


少々の雨、雪などのあく天候はもちろん


宿酔でもこの朝の散歩だけは不思議と、くにならずに出掛けられたので


1年半の内に少なくとも500日くらいは歩いていることになるようです。



一回の散歩距離が、およそ2kmくらいだから・・・



・・・ん?


なんと、1000kmも?



あぁ、そいじゃあ、くたびれる訳だな・・・

DSCF5351.jpg

雨の日も、雪の日も、暑い日も、宿酔の日も・・・


履きやすく歩きやすかったキミのおかげで


つまずいたり転んだりして、怪我をすることもなかったよ。


1年半もの間、ずっと一緒に歩いてくれてありがとう




・・・お疲れさまでした。









tag : スニーカー 散歩

表彰式

shi-です。

公文表彰式

「公文進度上位者の集い」に今年も運良く?ギリギリ?招待していただきました。

表彰は今年で9年目になるのですが、去年は震災の影響で中止、一昨年は小6の修学旅行と日程が重なってしまったため参加できず、yu-にとってはこうした会場での表彰式は3年ぶりとなりました。

集いの進行の仕方も以前までとは異なり、一人一人舞台上でオブジェを受け取るのではなく、予め舞台袖でオブジェを受け取り、その後、一人一人名前を呼ばれてから舞台に上がって行って屏風の前に並ぶ、という流れです。
これを学年ごとの纏まりでどんどん入れ替えていくといった感じ。
個人的には以前の方が良かったかな・・っていう気が^^;

表彰台に立つのも、恐らく今年が最後となるでしょう。

本人の強い希望があれば、もちろんその意思を尊重して続けさせてやりたいと考えてはいるのですが、最近の公文に対する取り組みを見ていると、ちょっとどうかと・・・・・

来年は受験生になりますし、学習塾は一本に絞り、そちらで集中してもらえたらいいなと思っています。

いや、マジで集中してもらわないと困るんですが。

勉強できる環境は整えてやれても、本気だしてやるかやらないかは本人次第ですからね。
もうあとはあまり口出しせず、そっと見守り、認めて励ますくらいしかしないつもり。

とはいえ、やはり親ですし、特に最近の息子の生活態度などを見ていると色々と口出ししたくもなるんですよね

ここは一つ、私にとっても勝負時なのかもしれません。



今年頂いたオブジェ
↓ ↓
2012オブジェ
左から、数学・英語・国語

yu-おめでとう
頑張ったね


2004~2012年までのオブジェ
↓ ↓
オブジェ

表彰を受けている小さい子どもたちを見ていたら、同じくらい小さかった頃のyu-を次々と思い出してしまい、とても感慨深いものがありました。

2012☆集い前後の集い


 お 知 ら せ  



9月16日(日)の夕方午後5時くらいから

今年も『集い前後の集い』を開催させていただきます



この日は、たまたま近くで集われる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな貴方も、そうでない貴女も、もしもご都合が宜しければ

ほんの少しだけ場所を移したところで

もうひとつの集いにいらっしゃいませんか

・・・そろそろ秋の声も聞こえてくる頃だし。



こちらの集いの参加資格は、な・なんと下記の通りとさせて頂きます。


ご参加資格:ancoroちゃん(KOKIAさんのファンの方)

そして、ご参加いただく他の皆さまとの「和」と「輪」を

大切に想っていただける方。



同じアーティスト、同じ音楽を愛でる心を持たれる方々と

食べて飲んで語り合えたら、本当に楽しいですよ~



ということで、今年も『2012 集い後の集い』ご参加希望者を募らせていただきます。

都合上、人数を正確に把握させていただいた上、会場予約も行いたく存じますので

9月1日(土)24時をもちまして、今回のご応募は締め切りとさせていただきます。



当日、いらっしゃれる方なら某所へご参加の方でなくても結構です

あちらへご迷惑とならないよう、会場付近での整列

集会などをお控えいただくためにも

こちらの件の詳細につきましては、事前にご連絡申し上げますので

ご参加をご希望の方は、当ブログ「メールフォーム

又は、日和かshi-へ直メールをご存知の方は直接ご連絡を下さい。

(すでにご参加希望いただいている皆さま、ありがとうございます



初参加の方、他府県からご参加の方、大歓迎です

楽しい想い出をひとつ増やしてお帰りいただけたら何よりです。








tag : KOKIA 隠れ家の集い ancoro

家族旅行~3日目

3日目の朝は、高山市で迎えました。

ちょいと朝寝坊をしてしまったので、朝風呂に私は入れませんでした


それでも宿では一番乗りで朝食を済ませると

歩いて10分ほどのところで行われている朝市へ出掛けました。

DSC03834.jpg

市は朝6時頃から開かれているらしく

私たちが着いた午前8時頃は、もうかなりの人で賑わっていて

通りにはところ狭しと並べられた新鮮な野菜や

民芸品や食事などを出す屋台が軒を連ねていました。


私たちも野菜やお土産物などを購入しながら歩いていると

ちょっと周りの屋台とは異なる屋台が目に付きました

DSC03835.jpg

『路上詩人 福ちゃん』

看板には「あなたの眼を見て 直感で言葉を 贈ります(お代はお気持ちで)」

と書かれていました。


「なんや、面白そうやな・・・shi-見てもらおう」

子供達を待たせ、早速福ちゃんにお願いしてみました。

「二人を見て言葉を贈ってもらうこともできます?」

福ちゃん、にっこりしながら「大丈夫ですよ」と。


まず、私たちの名前をノートに書いて見てもらい

「それでは(眼を)見ますねぇ」と仰ると

それまでニコニコしていた福ちゃんが、一瞬真剣な瞳で見つめて来ました。


私、そしてshi-へと視線を移すと考える間もなく

用意されていいた色紙に、すらすらすら~と筆を走らせ始めました。


福ちゃんが贈ってくれた言葉は、私たちの名前がふんだんに

並べられている文章なので

残念ながら、ここで紹介することは出来ませんが

温かく、なかなか奥行きもあり、味わい深い言葉を綴ってくれていました


福ちゃん、若いながらも路上詩人になる前は教師や

カフェの店長などの経験もあるそうです。


今は全国を歩いている方らしいので、人を見る目もなかなかに

培われているのでしょうね。


そんな福ちゃんに贈られた言葉は

私たちにとってこの旅一番のお土産になったことは

言うまでもありませんが、お代が「お気持ちで(1円~1億円)」

とされていたので、ちょっとお支払いに悩んでしまいました。

「気持ちは1億円で


その後も屋台の並ぶ市を楽しみながら歩いていると

人懐こいワンコに出くわしました。

DSC03841.jpg

可愛らしいパピヨン「マリ(マリー?)ちゃん」

とても人懐こくて大人しい、べっぴんさんでした。


「今頃、ロザリーはどうしているかな~」

急にわが家のべっぴん犬『ロザ子』のことが気になってしまいました


そうこうしていると、ついつい朝市を探訪している時間が長くなり

気がつくと、お宿のチェックアウトの時間が迫っていることに気付き

宿へ急ぐ帰路、近くの橋の上で、今度はこんなお二人に出くわしてしまいました

DSC03843.jpg

『足長[足名稚(アシナヅチ)]』と



DSC03844.jpg

『手長[手名稚(テナヅチ)]』



「嘉永元年、名工谷口与鹿(ヨロク)が出雲神話による素戔嗚尊(スサノオノミコト)

と結ばれた奇稲田姫(クシナダヒメ)の父 足名稚を足長に、母 手名稚を手長に

具象化彫刻し、高山祭屋台 恵比須台にとりつけた。

この像は、それを模したものである」


とのこと。


ということは、この二人は夫婦だということになりますが・・・

ちょっとこわいやんな・・・お顔もスタイルも愛嬌あるんだけどね~


宿に戻り身支度を調えると、早々にチェックアウトを済ませ

昨日からお世話になった「おやど 古都の夢」を後にしました。


高山の街も、古都の夢も、まだまだその魅力を堪能しきれなかった感があるので

また絶対にリピートたいと思います


高山の街を後にすると、1日目に来た道を引き返すように松本へ向かいました。

翌日の仕事のことを考えると、渋滞に巻き込まれるなどして

帰宅時間が遅くなることは避けたかったのですが

やはり、車は多く、若干混んでいる所も何カ所かありました。


予定していた昼食は長野安曇野のおそば屋さんでしたが

この時点で予定よりも1時間ほど到着が遅れておりました


その目的地のおそば屋さんがこちら

DSC03847.jpg

『そば処 いがや』さん

近所の方も並ぶくらいの評判のお店だそうで、売り切れじまいと聞いていたので

「営業中」と分かって、実はほっとしていました


で、評判のおそばとおやきがこちら

DSC03859.jpg

ざる


DSC03858.jpg

とろろ


DSC03855.jpg

おやき


そばは、蕎麦の風味がしっかりとあってコシもある。

おやきにも、もちろん蕎麦の風味がある。


素朴で優しい味の中に、きっと長年受け継がれてきたであろう

蕎麦打ちの伝統が練り込まれているような感じです。


厨房はじめ、お店には何人かのおばちゃんがいらしたので

きっとこの方々で守っている味なんでしょうね


乗鞍高原はじめ、機会があれば長野もじっくりと味わいたいですわ。


松本から東京へ向かう途中、山梨は勝沼へ立ち寄りました。

目的はワイン、以前shi-がお友達であるお姉さんに頂いたワインが美味しくて

もし近くに行くようなことがあれば、寄ってみたいといっていたワイナリーです。

DSC03864.jpg

原茂ワイン


「以前、お友達から頂いた『アジロン・ロゼ』が気に入って・・・

shi-が、お店の方に伝えたら

「でしたら、他にもお勧めの商品がありますよ、試してみます?」

と聞いてくれたのだけれど、私は運転があるので飲めませんからshi-だけ

試飲をさせてもらいました。

DSC03867.jpg

お勧めいただいたワインは白の「デラウェア」

これだけ甘くてフルーティなワインは

こちらではアジロン・ロゼと、このデラウェアだけだそうです。

きっと甘くて美味いんでしょうね~、shi-さん


その後、インターへ向かうまでの間に何軒も目にした

ぶどうの直売所へ立ち寄りました。


直売所の天蓋には、びっしりと葡萄の房が並び壮観でした。

DSC03873.jpg


DSC03876.jpg


巨峰は「まだ早いけど~」と、直売所のおばちゃんは仰ってましたが

少し酸味の残る巨峰も、また美味でした。


そのほかデラウェアやキングデラウェア等々、味見をさせてもらいましたが

結構それだけでお腹いっぱいな感じに・・・


秋になったら、こちらへもまた足を運んでみたいものです。


勝沼からは案の定ところどころの渋滞にはまりつつも、無事帰宅。


再来年にはW受験も控えていますし

ムツカシイ年頃になる子供達を抱えるわが家ですから

家族旅行も、ちょっとしばらくは疎遠になってしまうことでしょう。


ですので今回、なんだかんだで沢山楽しめたことは

次に行けるときまでの、とても良い思い出になりました。


日常とは少し異なる環境にあってこその

家族との関わりを気付き、再認識出来ることもあったように思います。


急ごしらえの夏旅行になりましたが、やっばり行って良かったかな


また行けるように頑張ろう










テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

tag : 家族旅行 飛騨高山 白川郷 五箇山 原茂ワイン いがや

家族旅行~2日目②

~つづき

白川郷見学の後、宿泊先の おやど古都の夢 へ。


おやど 古都の夢



ロビーの一角
おやど 古都の夢


お部屋前の廊下
おやど 古都の夢


こちらのお宿は「古都高山の生活文化」をコンセプトに、各階それぞれテーマが設けられていて、一部屋ごと個性溢れるインテリアになっています。

案内された私たちの部屋は「古都の暮らし」がテーマとなっている「さしこの間」。

さしこの間

DSC03752.jpg

DSC03754.jpg

DSC03758.jpg


とっても可愛らしいお部屋でした。

今夜のお宿は料理自慢に加え、女性に嬉しいサービスが充実しているとのことだったので、chi-と私のわくわく感はまたひとしおでした。

そんな女性に嬉しいサービスの1つがコレ 

浴衣

浴衣の無料貸し出し もうこの時点で女子のテンションは

もちろん希望の男子にも・・ということでしたので

yu-

↑ ↑
ちょっぴりギター侍風になってしまったyu-と・・・

おふざけはいい加減にしましょう的な日和さん
↓ ↓

日和さん

男性陣もご満悦


ちょっぴり休憩した後は夕食まで少し時間があったので、浴衣姿のまま近くを散策してみることに。

しかし、いざ出掛けようという時になりこの雨。

仕方なく傘をさしての散策です。


歩いて5分ほどのところにある国分寺というお寺の境内
国分寺境内

さるぼぼ
さるぼぼ


結局、雨がひどくなってくるばかりで、この日はすぐおやどにUターンしました。

飛騨牛付きの豪華な夕食に温泉

夕食後のお片付けやお風呂掃除をしなくていいというなんとも贅沢なひとときを、ゆったりのんびり過ごしました。

部屋に戻ると綺麗にお布団が敷かれてあり、枕元には折鶴と共にこんなメッセージカードが

DSC03816.jpg

ちょっとしたことだけど、こういう気配りって素敵だなって思いました。

それから女性に嬉しいもう一つのサービス
↓ ↓
マニキュアセット
ネイルセットの貸し出しに・・・

アロマランプ
アロマランプの貸し出し

アロマオイルは5~6種類の中から好みのものが選べるようになっていて、紫陽花の香りを借りました。

夜は家族皆でトランプをしたり、UNOをしたりで、これがまた結構な盛り上がりを見せ大爆笑。
久々の一家団欒の時間となり本当に楽しい思い出となりました。

先ほど借りてきたアロマで部屋中が優しい香りに包まれ、癒し効果も抜群

この日もぐっすりと眠ることができました。


お料理も美味しく、清潔感もあり、細やかな心配りに魅力を感じました。
こちら方面へ来る機会があれば、また宿泊したいと思うポイントの高いお宿です。
今度は違う部屋にも泊まってみたいな~

テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

家族旅行~2日目①

shi-です。

2日目(8/15)

目を覚ますと朝からがしとしと降っていましたが、まずは温泉に浸かることからスタートです。

その後、美味しい和食の朝ご飯を頂き、旅館を後にしました。

車を走らせている間も雨はしとしと降ったり止んだりを繰り返していましたが、奥飛騨 平湯大滝公園に到着する頃にはすっかり止んでいました。

日本の滝百選に名を連ね、飛騨三大名瀑の1つでもある平湯大滝は落差64メートル、幅6メートルの大瀑布!

滝が氷結する2月にはライトアップがされて、幻想的な美しさに包まれた滝を見ることができるそうです。

奥飛騨 平湯大滝公園

散策道を歩きながらもう少し近づいて・・・

奥飛騨 平湯大滝公園

ゴーゴーと流れる滝の音が耳にとても心地よく、雄大な自然の風景を暫くの間眺めていました。

公園内には足湯ができる箇所があったり、レストランやおみやげ処、手作り体験教室(パン&バター・アイスクリーム・こんにゃく・とうふ)等も開催されているようでした。


次に向かった先は飛騨大鍾乳洞

飛騨 大鍾乳洞

飛騨 大鍾乳洞

いくつか写真を撮ってみましたが、この大自然の芸術は生で見てこそのものだと感じました。

飛騨大鍾乳洞

3億年前の地層の姿をそのままに残し、膨大な時間をかけて築き上げられた驚異の世界は見ものです

鍾乳洞のすぐ隣では世界の古美術、銘石、古陶器等、世界有数の美術品が展示されている「大橋コレクション」も。

大橋?言うと、ついつい巨泉さんを思い浮かべてしまうのですが、大鍾乳洞の発見者である故・大橋外吉さんのことです。


そろそろお昼ということで、次に向かったのは富山県南砺市。

道の駅内にある 五箇山旬菜工房いわな

五箇山 旬菜工房 いわな

五箇山の清流で養殖されている新鮮な岩魚はこれまた絶品!
鯛の身かと間違えてしまうほどの旨さは驚きでした


お腹を満たした後は、世界遺産にもなっている菅沼合掌造り集落の見学に行きました。

菅沼合掌造り集落

菅沼合掌造り集落

菅沼合掌造り集落

菅沼合掌造り集落

風情のある、のどかな景色に時間が経つのも忘れてしまいそうでした。
春夏秋冬、それぞれの四季が美しい村なのだろうなぁと想像します。


また少し移動して、こちらは岐阜県に戻り、白川郷の合掌造り集落にもちょこっとだけお邪魔してみました。
↓ ↓

白川郷合掌造り集落

白川郷合掌造り集落

同じような景色でしたが、白川郷の方が集落としても大きく、また観光名所としても有名になりすぎてしまい観光客で溢れかえっていたこともあってか、どちらかというと、こぢんまりとした五箇山の方が私的には良かったかな~という印象です。



2日目の旅はここまでですが、この日お世話になった「おやど 古都の夢」に話しはつづく・・・

テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

家族旅行~1日目

shi-です。

8/14~16と、岐阜県高山方面へ2泊3日の家族旅行を楽しんで来ました。

1日目(8/14) 

朝6時に自宅を出発、通りがかりにまずは松本城へ立ち寄りました。

松本城

思いのほか観光客が多く、城内へ入るのにも長蛇の列で軽く1時間は並びましたが、もう少し遅ければ2時間以上待ちになっていたかも?しれないほどの混雑っぷりでした。

お城を見てまず思ったのが、~っっでした。

それもそのはず、松本城が黒いのは豊臣秀吉の忠臣・石川数正が大阪城の黒塗りを模して築城したからだそう。
天守閣の築造は1593~1594年と言われています。
「純和風」の大好きな日和さんの目がキラキラ輝いて眩しかったです。

外からは五重に見える天守閣も、実は内部(天守3階部分)に外からはわからない秘密の階があり、実際には6階の造りだったりと、面白い構造になっていました。

城内の階段はとてつもなく急で狭い箇所があったりするので、お年寄りや小さなお子ちゃまにはちときつく、危ないかもしれません。

天守からの眺め

天守閣からの眺望。通り抜けてゆく風がとても心地よく感じられました。



次に向かった先は奥飛騨温泉郷の「新穂高ロープウェイ」

第1ロープウェイ(新穂高温泉~鍋平高原)と第2ロープウェイ(しらかば平~西穂高口)に分かれており、第1・第2の合計全長は3,200メートル。
第2ロープウェイでは2階建てゴンドラに乗り換えて、標高2,156メートルの雲上の世界へ。


第1ロープウェイに乗り込み新穂高温泉駅を出た直後
↓ ↓
新穂高ロープウェイ

勾配が急で、あっちゅう間に地上がこんな遠くに・・・

そして約4分ほどで鍋平高原駅に到着です。

新穂高ロープウェイ

第1ロープウェイ下車してすぐにある建物1階の「テイクアウトパノラマ」では揚げたて飛騨牛コロッケを、2階の「アルプス」というパン屋さんではスイス直送のパン生地で作られた美味しいパンを堪能してきました


次はこれに乗るんだよね~っと、見上げて撮ってみた2階建てゴンドラ
↓ ↓
新穂高ロープウェイ


第2ロープウェイで頂上へ向かう途中、すれ違いざまに撮った下りのゴンドラ
↓ ↓ これまたスピードが速くてあっという間にこの距離感。
新穂高ロープウェイ

約7分の乗車で到着した頂上
↓ ↓
西穂高口 展望台

霧が掛かって360度真っ白けっけー

天気がよければ西穂高岳、槍ヶ岳、笹ヶ岳などの北アルプスの山々が見渡せるはずでしたが・・・。

15分ごとに更新される展望台のライブカメラ、いつ見ても大抵霧がかかっているし、美しい眺望に恵まれた人って相当ラッキーなんだろうなぁと思います。

頂上の気温は約15℃という涼しさでした!真夏の日中だけここで過ごすってのも悪くないよな~などと思いつつ、展望台を後にしました。



次に向かった先は「奥飛騨おもちゃ博物館」

奥飛騨おもちゃ博物館

奥飛騨おもちゃ博物館

明治、大正、昭和時代の古ーーーいおもちゃや看板、ポスターなどが館内いっぱいに展示されていて、見覚えのあるものには懐かしさを感じたり、あまりにも古いものには少し不気味さを感じたりもしましたけど、楽しめました



というわけで、内容盛りだくさんだった1日目の旅はこれでおしまい。


奥飛騨温泉郷 薬師のゆ本陣という温泉自慢のお宿に一泊させていただきました

ロビー
↓ ↓
奥飛騨温泉郷 薬師のゆ本陣

部屋からの眺め
↓ ↓
奥飛騨温泉郷 薬師のゆ本陣


ここの温泉の布袋様から出ている温泉水は飲用できるとのことで、紙コップも用意されており、少し飲んでみましたが、なんちゅーか、ほんちゅーか・・・なんと表現すればいいのかわからない変な味(ごめんなさい)で飲めませんでした

あ、でも温泉自体は本当に素晴らしく、1日の疲れがスッキリとれて、その日はぐっすり眠ることができました。

食事もたっぷりで美味しかった
こちらに関しては食いしん坊万歳の日和さんが書いてくれるのではないかと思うので、私の方からは控えさせていただきます

テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

夏のお祭り


先日、お祭りに行って来ました。


仕事を早めに切り上げ、一旦、家までshi-を迎えに帰ってから向かいました。



楽しみなのは見事な彫刻を施された山車を見ることや


祭り囃子が響く中、よりどりみどりの屋台を廻ることでした。




そういえば、食べたことのないチョコバナナや


チョッパーではありませんが、昔懐かしい綿アメも美味しそう。


shi-は「リンゴに水飴がコーティングされたリンゴ飴を食べてみたい


と言っておりました。



すでにわが家の子供達は、それぞれの友達と待ち合わせ


早い時間から「祭り」に繰り出していたのですが


私たちは、結局仕事終わりの時間からになってしまいましたので


メイン通りの近くでは空いている駐車場など、まったく見つかりませんでした。


半ば諦め、帰ろうかと話していたときに


「空車」と表示が出ている駐車場を発見し、車を滑り込ませることができました。


(ラッキー



街へ降りてみると、そりゃあもう大賑わいで


ひしめく人、人、人・・・郊外の街が、まるで渋谷のセンター街のようでした。



「ま~ぎょうさんおるわ~、yu-や、chi-、こりゃおっても分からんな





すると、目の前にはそびえ立つ『山車』。


「う、美しい・・・彫刻、やばいっ






さらにもう一台



DSC03307.jpg

う~ん、日本の夏やな。


お祭りに「山車」・・・やっぱ風情あるなぁ



山車の舞台では、いろいろな面を付けた踊り手さん達が軽やかに踊り


お囃子の音色が小気味よく音色を奏でておりました。


DSC03313.jpg

ドンドンドンっ、ぴーひゃららッ♪

テンテケテンっ、ツク、とんとんとんッ♪



しばらく見とれていましたが、道路の向こう側には屋台が並んでいたので


お目当ての御菓子などを買おうと、そちらへ向かいかけた途端


shi-の携帯にメールが届きました。


「家に帰ったけど、鍵を忘れちゃった・・・もう帰る?と、chi-からでした。



shi-の代わりに私からひと言、ふた言、うらみ節をメールで送信してから


私たちも帰路につきました。


「chi-のやつぅ・・・ま、しゃーないわ、帰ろ


帰り途も渋滞がひどく、結局連絡があってから小一時間経っていたので


玄関の外でしょんぼりしているかと思い


焦って帰宅しましたが、一緒に行った友達に私たちの帰りを待つのを

つきあってもらっていたらしく、何やら2人で楽しそうに話しをしていました。


(こんのぉー、親の気も知らずにー


そのあと、すぐにyu-も帰宅したのですが

どうやらこちらも相当楽しんで帰ってきたようでした。



「ちっ、ワシらだけ、一瞬しか祭りに参加でけへんかったんかっ



・・・親なんてそんなものよ~♪

まぁ、みんな無事に(楽しんで)帰ってきたからいいか



やっぱ日本の夏は「お祭り」だね











tag : お祭り

盛夏につき



いよいよ8月に入りましたね~


まったく涼しくない日々が続いておりますが


皆さまいかがお過ごしでしょうか



いや、それにしても1年経つのが早いですね。


(「あ」っちゅー間やな


年齢を重ねるたびに、そんな思いを強く感じるようになります。



ついこの間、お盆休みの家族旅行計画を考えていた


と思ったら、もうすぐ夏休み(今年はホンマ短いのですけどね)。



ま~ったく、時が経つのは早いっ



そんな時の流れの早さと、夏の強い日差しを感じる


今日この頃ですが・・・



わが家のマスコットガールも


今年の夏の日差しの強さには


「あかん、やってられへんわっ」と言いたげに


見上げてきます


DSC03295.jpg

お父ちゃん、暑っついわぁ~




そういえばそんな暑い最中の昨日


予告通りのancoから、お知らせも届いておりました。


KOKIAさんのファンの集い「都会の隠れ家コンサートvol.4」


やはり今年もそんな季節ですね~



開場前、まだ暑さの残る中


日陰で涼をとろうとすると蚊が・・・


今年も蚊除けのアロマオイルは置いてもらえるのでしょうか



・・・ともあれ


やはり今年も、ウチでも集いを開催しようかな、と思います。


日程はこちらの都合と遠征組の方もご参加いただけるように9月16日あたり。


ちょっと検討しまして、開催決定致しましたら


改めて告知させていただきます。



1人参加の方、初参加で遠征なさる方など


こちらにもお気軽にご応募いただけたら嬉しいのですけどね~



とりあえず暑気払いで軽~くね




KOKIAさんのファンの集いや、こういう企画を楽しみに


目標にすると、涼しくない日々も楽しく乗り切れそうです


















テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

プロフィール

日和

Author:日和
ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人、休日は気ままにブンブン♪ドライブを楽しんでおります。KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。


日和:私(お父さん) 
shi-chan:ハニー(お母さん)
chi-:娘 (新社会人)
yu-:息子(大2)
愛犬:ロザリー(♀7才)

KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
07 ≪│2012/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ