FC2ブログ

手術

shi-です。

背中のイボと数ヶ月に渡り格闘(液体窒素の治療)していたのですが、全く治癒せず、お世話になっていた先生からはとうとう見放され(紹介状を手渡され)、昨夜手術を受けてきました。

手術つっても、10分くらいで終わるごく簡単なものなんですが

チョー緊張したし、怖かったー

親知らずの歯肉切開の抜歯や、お産時の処置で切ったり縫ったりは経験ありましたけど、お産後の胎盤処置では全身麻酔で意識がないうちに処置も終わっていたから精神的ダメージなんか全くなかったし、抜歯とか口腔内の切開なんかは日頃から見慣れていたし、信頼できる先生だったこともあってか不安も全くなかったのですが・・・

今回は正直メチャメチャ怖かったです。皮膚を切り開いて縫うって

俎板の鯉だわ・・・と、処置室のベッドで待たされている間、ずっとプルプル震えて今にも貧血をおこしてしまいそうでした。


ま、でもね、終わってみれば なんだこんなもんか って感じです。

麻酔時に少し痛かったのと、丸いメス?で切り取る時の圧迫感と、肌に針を通される感触が気持ち悪かったってくらいですね。

あと、術後に見せられた「切り取られたイボ」は衝撃的気持ち悪かったですね。


麻酔が切れた後の痛みもほとんどなく、すこーしチクチクする程度。ロキソニンも必要ありませんでした

一晩経って、傷口は少しつっぱる感じでチクチク、カユカユ、大きな絆創膏に皮膚がかぶれてるような気がしますが、やっぱり なんだこんなもんかって感じです。

強いて言えば、今はまだ縫合された自分の皮膚をみるのが怖い・・・
でも背中なので鏡に映さないと見えないのが救い。なので見ないようにします。塗り薬は日和さんにお願いするつもり

抜糸は一週間後。

これでやっと、イボから解放されるのが嬉しいです。

\(^ ^)/
スポンサーサイト



テーマ : 手術
ジャンル : 心と身体

プロフィール

日和

Author:日和
KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。(日和)

日和:私 
shi-chan:ハニー(妻)
chi-:娘 (社会人2年生)
yu-:息子(大学3年生)
愛犬:ロザリー(♀8才)

ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人、休日は気ままにブンブン♪ドライブを楽しんでおります。KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。(shi-)

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
02 ≪│2012/03│≫ 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ