FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy Birthday!!

 

わが家の長男が16歳になりました。(確か今日・・・)

おめでとう、ぐっさん

(本名:gut「グート」ドイツ語ですが、英語で「good」の意) 

 

DSCF1175.jpg

 

なんか写真も年季が入った感じになっちゃいましたが、元気なおじいちゃんです。

ただ丁度わたしの体調不良にあわせて、ぐっさんもカゼをひいちゃっておりました。

 

今は元気で、相変わらず通りかかる幼児やお年寄りには吠えまくっておりますが

やはり寄る年波には逆らえず、散歩に行ってもコケまくるし

食欲もだいぶ減ってきました。ちょっと心配~

 

でも、ぐっさんはいつも通う獣医院では

「ミニチュアダックスで、これほど長生きの子は当院では初めてです。」

と驚かれるほどの長寿を誇っています。

何だかよくわかりませんが今年の秋頃、地元の獣医師会(?)で表彰してもらえるようなことを獣医さんが仰っていました。

 

それに実はぐっさんのお父ちゃんは、何かの大会のチャンピオン犬だったようで 

けっこうすごい血統を継いでいるワンコらしいです

(・・・血統書はどこかへ行ってしまいましたがスマンの~)

でもね、まぁ、本人が・・・あ、本犬(?)が幸せだったら

そんなことはどうでもいいんですけどね。

 

縁があってめぐり合えたぐっさん、もうずっと私達の大事な家族の一員です。

16年間、私達とともに歩んでくれてありがとう

これからもずっと仲良く暮らしていこう

 

最後に、以前掲載したぐっさんの思いっきり素敵な笑顔ショットをどうぞ

 

笑う犬2

 

いい笑顔のおじいちゃんでしょ

 16歳やねんけど

 

 

 

 

スポンサーサイト

2週間ぶりに

 

ほぼ2週間ぶりに「何か記事を書こうかな~」と思い

KOKIAさんの公式H.Pを覘きに行ったら、KOKIAさん日本にご帰国されていたのですね

お帰りなさいKOKIAさん、久しぶりの日本はいかがですか

 

そんなKOKIAさんが日本を離れられている間、わが家的には家族の皆それぞれが

いつも以上に頑張らねばならないサイクルに突入しておりました。

 

というか、まだそんな状況は続いております。

 

小さなことの積み重ねでも、家族の一人に起きる「幸せ」は家族の一人分以上に

家族で共有すると大きな喜びになりますが

逆に「心配事」などが家族の一人起きてしまうと

それは家族皆の心配事になってしまう場合もあります。

そしてそういうことが同時に併発してしまったら

それはもう家族が和を持って、全力で改善のための努力をしていかなければならないことになります。

家族に「和」があればお互いに支え合うこともできるし、大抵のことは解決できます。

それにすぐには解決できることではなくとも、そんな家族の存在があるだけで心強く感じることもあります。

 

ともあれ、私もついにデビューしました

 

はい、コチラ

DSCF1627.jpg

 

ね、知ってるでしょ「老眼鏡」

気がつけば、そんな歳になっておりました。

 

こんにゃロー&眼ーンッ

 

まさかまさかと思いつつも、夕方になると手元の小さな活字があまりにも読みにくく

仕方がないので、yu-がお世話になっている眼科へ行って検査してもらいました。

 

例の C みたいな記号があっちゃこっちゃ向いている表を指されまして

子供の頃から視力には自信のあった私は

案の定、お医者様が呆れるくらいその記号が良く見えたのですが

手元に小さな字の書かれた冊子を手渡され、

「読んでみて下さい」と言われ、読もうとすると・・・ぼやける活字。

 

そこで、テスト用の眼鏡(?)をかけさせてもらい、もう一度その冊子に目をやると

眼ーンッ  小さな 活字がハッキリと浮き上がって見える。

焦点を合わそうとしなくても見える、見えーる

 

「日和さんの目には決して異常はありません、ただ・・・お歳による視力の低下があるようですね。」

「先生、それは老眼(ろ・う・が・ん)ということですか

「・・・そういう言い方もありますね

「・・・。(先生、ハッキリ言ってつかぁーさい)」

 

という訳で、出来上がった老眼鏡

こうして、一歩一歩大人への階段を登っていくのですね。

 

あ、余談ですが、減量を決意して3ヶ月あまり。

とうとう-7kgの減量に成功しました(継続中)

でも、これくらいの減量では見た目にはあまり変わっていないようです。なんでやねん!!

 

 

携帯デビュー!

 

chi-が、とうとう携帯デビューをしました!

本当は受験が終わるまでは、持たせるつもりは無かったのですが

通っている塾の授業が終わる時間が定かではなかったり

吹奏楽部の練習や演奏会などで、出掛けた際の利便性を考えたり

その他の事情もあったりで・・・デビューさせました

 

受験が終わるまでは、本当に必要ときの連絡手段と父と母とのメール交換くらいに使ってくれたらいいのだけど・・・無理やろなぁ

 

DSCF1201.jpg

 

そんなchi-の携帯デビューに併せて、shi-3も機種変更

上の、緑の中を走り抜けていく車ほどに赤い方が「shi-の携帯

下の、パオンパオ~ンと鳴く象ほどにピンクの方が「chi-の携帯です。

 

でも最近の携帯は、通話やメール以外にも機能が豊富で

しかも本当にハイスペックで搭載されているのですねぇ

電話だか、カメラだか、ムービーだか・・・一体なにがメインの機能かと思うほどです

 

ともあれ、これから少しだけ広がる新しい世界に足を踏み入れたchi-

なんだか 期待と不安でドキドキしているみたいです。

 

ちなみにchi-の携帯へ最初に届いたメールの発信者は

 

・・・・・もちろん、お父さんでした

 

 

 

修学旅行

 

修学旅行に行っていたchi-が帰って来ました。

ちょっぴり心配していたけれど、無事に帰って来てくれてお父ちゃん嬉しかったわー

 

行き先は「京都・奈良」chi-にとっては、行きつけ感のある土地でしたが

まだまだ行ったことのないお寺さんや、名所旧跡などにも足を運んだようでした。

そもそも、家族で巡るのと学校の仲間で巡るのとでは

きっと楽しみもひと味異なりますよね。

 

写真も一杯撮ってきましたが、代表的な京都の観光名所のひとつ

 

IMGP0082.jpg

 

北山鹿苑寺、通称『金閣寺』

 

よく撮れているでしょう

「本当に綺麗で立派だったーとchi-

(ここも以前家族で訪れているはずなんやけど・・・)

やっぱり定番なんでしょうね、それに子供の目にも美しさがわかり易いでしょうね。

 

京都でchi-が訪れたのは、他にも

「二条城」「北野天満宮」「龍安寺」「仁和寺」「三十三間堂」「清水寺」「銀閣寺」「哲学の道」・・・などなど。

龍安寺の「方丈石庭」など、なかなかシブイ「良さ」が分かる年頃になったものだと思います。

仁和寺は桜の季節に訪れたら、また一層美しい景観を味わえたろうなぁ。

 

奈良では現在もっとも有名なあの方を見かけたそうです

 

IMGP0052.jpg

 

せんとくん

 

平城遷都1300年祭が盛んに行われている、この地に今年訪れることが出来たのは

うらやましいです(ワシも行きたいー)。

相当(10年くらい?)前からご準備されていたようですね。

 

せんとくん・・・そのお姿、ワシも他人のような気がしません・・とくん 

 

そしてやっぱり奈良に来た奈良、このお方にも

 

IMGP0065.jpg

 

以前、ぐっさんが吠えまくったけれど、全く動じないその貫禄

しかとくん・・・しかさん。

 

奈良では、chi-は「平城宮蹟」や「東大寺」のほかにも

「興福寺」や「春日大社」などを訪れたようです。

 

いずれ劣らぬ、古からの素晴らしい寺院や名所を訪れることで

日本の美しい文化に触れられる機会は、子供たちにとってとても良い機会だったと思います。

それに何より「楽しかったーという言葉が聞けて良かったです。

「楽しかった」の言葉の中には、友達と夜更かしをして話をしたり、大人の同伴しない班行動などを通して、たった数日でも親の目の届かないところに身を置き団体生活する経験を通して、またほんの少しだけ大人に近づくことのできた気のする嬉しさなんかも含まれているんじゃないかな~と思います

 

お土産は、自分の分も含めて家族にもたくさん買ってきてくれたけど

現在、お父さんが狙いを定めているのはコチラ 

 

IMGP0093.jpg

 

何や、今は「生八ツ橋」にもいろいろ味があんねんな

 

お父ちゃん、八つでええよ。

 

 

 

 

 

 

15 years ago

ちょうど15年前の今頃

shi-とchi-は、とても頑張っていました。

 

shi-は新しい生命をこの世に誕生させるために

chi-は授かった生命の光を、この世に灯すために

 

小柄なshi-の初めてのお産は、本当に楽なものではありませんでした。

長い長い時間をかけて体力の限界を超え、大きな不安とたたかいながら

新しい生命を産んでくれたのです。

 

生まれたばかりの、なんだかクシャクシャな顔をした紫色の小さな生命は

勢いよく声を上げて泣いていましたが

私はその姿を見ても「感動」の気持ちより、「ようやく無事に生まれてくれた」という「安堵」の気持ちの方が先に湧き上がったように思います。

 

乳児のあいだずっと続いた夜泣き。

親から離れ、本当に一人でやっていけるのかと心配した幼稚園。

小学校の入学式では「どこのお嬢さんにも見劣りせんように」と、奮発して用意した可愛いスーツを見て、思わず嬉しそうな表情を浮かべていたchi-。

中学に入学すると、吹奏楽部に席を置き、遅くまで学校で練習を重ね

コンクールなどでは、その練習の成果を目の当たりにすることもできました。

自ら選んだ楽器ではなかったけれど、与えられた自分の役割はキッチリこなしている姿は

真面目なshi-の面影と重なり、「母娘やなぁ・・・」としみじみ思ったりもしました。

そして現在、chi-は受験勉強と吹奏楽部の活動を自分で納得できるように両立させるべく、彼女なりに毎日を一生懸命に過ごしています。

 

ただ、chi-のたった15年の人生の中にも、とても辛かったことや悲しかったことも、もちろんたくさんありました。

「乗り越えなくてはならない」

そういうことは現在も彼女の中にあります。

そして親として未熟な私達も、子供との関わりの中で成長していかなければならないこともたくさんあります。

 

「お父さん、いつもありがとう。おかげ様で私は15歳になりました・・・」

chi-が、自分の誕生日に私にくれた手紙には、そう書かれてありました。

 

15年前に、自分達の子供として出逢うことのできた新しい生命は

15年間という年月を経て、現在「感謝」の言葉を私達に伝えてくれます。

 

 

DSCF1181.jpg

「こちらこそ、15年前に私達の娘として生まれてくれてありがとう

一緒に成長していこうな。

 

 

 

カモガヤ?

shi-です

日和さん一週間ぶりの休日。

今朝も二人で草花を眺めながら、川沿いを散歩に行ってきました 

外の空気は爽やかで心地いい けど、陽射しは夏

歩き出して間もなく、日和さんの額にはキラキラ タラタラ

・・・っと、そこまでは想定内のことだったのですが、

途中からは鼻からもタラタラ

くしゃみはド派手に、対岸の住宅街へ

へぇっっくしょん  へぇっっっくしょ~ん へぇっっっくしょ~ん ・・・

と、エコー利かせて響きわたるわで、ちょっと笑えま..いや、とても気の毒でした。

どうやら花粉症 みたいです

スギ・ヒノキ の時より症状が重いみたいです。

今の時期、何の花粉が飛散しているのかなっと思い、

ちょっと調べてみました。

 カモガヤ

なんじゃそりゃ

花粉は早朝に飛散

花粉一個あたりの症状のひどさはスギ・ヒノキと比較して10倍

恐るべしカモガヤ~。

そういえば、こういう草、私達が歩いたとこにいっぱい生えてたよね

 でも私はスギ・ヒノキ以来、全然症状出てないんだよねぇ。

 

プロフィール

日和

Author:日和
ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人、休日は気ままにブンブン♪ドライブを楽しんでおります。KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。


日和:私(お父さん) 
shi-chan:ハニー(お母さん)
chi-:娘 (新社会人)
yu-:息子(大2)
愛犬:ロザリー(♀7才)

KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
05 ≪│2010/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。