スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動会☆2010

 

今日は、yu-の小学校最後の運動会でした

 

応援団の副団長として、ずっと朝晩練習を重ねてきた運動会。

その頑張りに天気も味方をしてくれたようです。

 

 

IMAGE19.jpg
 

 

精一杯、声を張り上げて応援しました。

「フレー、フレー、し・ろ・ぐ・みぃ~

 

 

IMAGE01.jpg
 

 

「短距離苦手~といっていた100メートル走も、歯を食いしばって走りました。

「こんにゃろ~っ

 

 

IMAGE15.jpg
 

 

小柄なyu-は、組体操では一番上に登らせてもらい

ふらふらしながらも、最後はビシィ~っバランスをとり決めのポーズも決まりました

 

一生懸命練習して、本番で全力を尽くすyu-

結果はどうあれ、手を抜いたり、諦めたりはしません。

 

一体、いつの間にこんなに成長したのだろう

 

生まれてから、これまでの成長のことを思うと

親としては、本当に感慨深いものがありました。

(大きくなるのは当たり前のことではありませんからね

 

そして、自分にできる限りのことを一生懸命頑張る子供たち。

みんな元気一杯で、その無垢な笑顔はキラキラ輝いています。

子供たちを見ている私は、彼らからたくさん勇気をもらった気がします。

 

未来を作る子供たち、安心して元気にチカラ一杯に育って欲しいものです。

そして10年後、20年後も、ずっとキラキラ輝いていて欲しいです。

 

フレー、フレー、こ~ど~もっ

 

  

 

スポンサーサイト

歩く歩く2

さて、そんな出来事のあとに控えていたのは、長~く緩やかな上り坂。

しばらくは順調に歩を進めていたのですが、だんだんと脚が重たくなってきました。

どうも、KIMOCHI∞KARADA~ballance~が・・・。

 

少し息を弾ませながら歩いていると、後方から軽快な足音が近づいてきました。

私がふりむく間もなく抜き去られたその足音の主は、ランニングに短パン姿でキャップを被った

首から上は、ど~若く見ても60代後半以上と思える後姿を持つご参加者。

「あのおっちゃん、細マッチョやなぁ~腕や脚の筋肉凄ぉっ

「ホントだ、スゴイね~

 

恐らく日頃からジョギングなどで鍛えられているのでしょう。

細身ながらも、筋肉が隆々としていました。

(あぁ、ワシも老いるまで鍛えとったら、あんな身体になれるんかなぁ・・・)

羨望の眼差しで、遠ざかっていく細マッチョおじいさんの後姿を見送りました。

 

第二チェックポイントでは昼食をとる予定でしたが

川沿いの遊歩道を歩き、もうすぐ第二チェックポイントに辿り着けるというところで

この第二ステージ最大の急勾配の上り坂が待っていました。

 

(くぅ~、この坂マジですかぁ

「頑張って~、上には冷えたビールもありますよぉ~と、沿道からの声。

(なぬっ、ひ・冷えビール

声の主の方を見ると『冷えたビールあります』の看板が目に飛び込みました。

(なんという営業戦略

「よっしゃ、chi-、yu-もう一息で昼食タイムや、がんばれ

 

急にテンションが上がって、やる気が出たのは

きっとshi-が朝早起きをして作ってくれた、お弁当が思い浮かんだからです

(→×)

心臓破りの急な上り坂を登り切ると、そこは第二チェックポイント。

ついでに売店も探します(ひ・冷えたビールはどこや

 

ちょうど良い木製のベンチを見つけると、ようやくshi-のお弁当にありつけました。

「プシュッの包みをほどく音です)ぷっは~生き返る

子供たちも、いつもはあまり見ることのない勢いでおにぎりを頬張りました。

「美味しいね~

『大したものは作っていないよと、お母さんは言っていたけれど、やっぱ美味しいね

家でお留守番のshi-が早起きして作ってくれたおにぎり弁当は、この時の私たちにとっては、いつもより一層(もちろん、冷えたビールよりも)美味しく感じました

昼食後早々に片付けると、私達は傍らを通り過ぎていった参加者の方々の後を追いました。

 

お弁当を食べて体力も気力も復活した私達は、ゴールまでの最後のターン、繰り返されるアップダウンのコースと奮闘しながらも歩き続けることが出来ました。

「それにしても、坂道ばかりだなぁ・・・

「お父さん、大丈夫

「大丈夫、大丈夫(ホンマは足がめっちゃ痛なってきたわぁ)

「もう少しでしょ、頑張ろう。」

「お父さん、タクシー来てもらった方がいいんじゃない

「歩いて来せっかくここまでたのに、今さらタクシーなんぞ使えるかいっ、テクシー(テクテク歩くの意)で十分じゃ

 

ゴールがもうすぐというところの最後の上り坂にさしかかったとき、目指す坂の頂きへと続く歩道には陽炎がゆらゆらと浮かんでいました。

(ああ、チュニジア砂漠で砂丘の稜線にも、こんな陽炎が見えたのかなぁ・・・)

「ゴールはもうすぐだ、頑張れ

足のスネと、お尻の上の方の筋肉が一歩足を地面に着くたびに悲鳴を上げましたが、もうそんなことはお構い無しです。

(24hチャリティーTV番組の100kmとか120kmマラソンを走るタレントさん達は、超人やと思いました) 

 

最後の坂を下り終えると、あとはゴールまで平坦な直線数百メートルの一本道。

自分が車で通り過ぎる時のことを思うと、ものの数十秒で通過してしまう直線ですが、自分の脚で歩いてみると遥か彼方に続く直線のように感じました。

目指すゴールの横断幕が見えてきました。

子供たちはわれ先に小走りになっていました。

「こらっ、走ったら危ないぞ、歩け

そんな私の言葉は耳に入らない子供たちがゴールイン。

そんな子供たちの背中を追いながら、私も遅れてゴールイン。

子供たちも、私も、なんともいえない達成感に顔がほころびました。

「やったな、疲れたろ

「全然疲れてない

「前に歩いたコースの方がキツかった

子供たちの強がりさえも、清々しく感じました。

言葉とは裏腹に、誰も脱落せずに3人で歩ききったことに満足しているのは、皆の表情を見れば一目瞭然でした。 

 

しかしゴールしてしまうと、体力はもうほとんど無くなっているはずなのに、何だか「終わってしまった~」という寂しさも込み上げ、結局ゴールポイントから自宅までの道のりを歩いて帰ることにしました。

「歩けるか

「歩ける「歩ける 

「お母さんが待っているから、急いで帰ろう。」

追加のコースでは、一番速く歩いていたのはchi-でした。

「あいつ、あんな細っそい身体やのに体力あるやん 

「お父さん、yu-、お母さん待ってるよ、早く帰ろう

少し前を歩いているchi-は、振り返って私たちにそう呼びかけました。

 

ただ自宅に着く100メートルくらい手前で姿をくらましたyu-が、先回りをして自宅の玄関で息を切らしながら

「遅かったじゃんと言ったことは、ご想像の通りです。

 

結局、この日は歩いて歩いて、約15Kmを4時間くらいかけて歩きました。

きっと生涯忘れられない家族の思い出になるでしょう。

 

追伸・・・1日だけではダイエット効果はありませんね(めっちゃ期待してたのに~)。

 

歩く歩く

 

気持ちよく晴れた16日の日曜日、かねてからyu-と約束していたウォーキング大会に参加してきました。

chi-は、もう何回も参加させてもらったこのイベント、私やyu-はこれまでいろいろな事情や都合から参加出来ずにいたのですが

私とyu-の間では「いつか出場しようという約束をしていたのです。

今年は、私も、yu-も、chi-も体調が不完全でしたので

「今年も出場は難しいかな~と諦めかけていたのですが

前日yu-に「yu-、どうすると問いかけると

「行くと、即答されてしまいました。

yu-の、その潔い返事に私の迷いは吹っ切れて

「よしわかった、行ったるかと答えました。

「chi-は、どうするchi-に尋ねると

「yu-も行くなら、行くよと、体調思わしくないchi-も意外なやる気を示しました。

 

当日の早朝、バスに揺られてスタート地点である会場近くのバス停まで行き、そこから会場まで準備運動がてらに歩いて向かいました。

会場には、好天に恵まれたためもあってか大勢の参加者が集まっておられました。

ただほとんどのご参加者は、ご年配の方々ばかり

そのご年配の方々の多くは明るい表情に、やる気満々の笑顔をされておりました。

「自分も歳をとったら、こういう表情でこんな大会に参加できたらいいなぁと思いました。

さて、定刻になり会場の全員で準備体操を終えるとスタートの合図響きました。

「よっしゃ、頑張っていこう

スタートして直ぐは、ほぼ全員が団子状態の行列で歩き始めました。

最初の信号待ちで、さらに団子状態が膨らんでしまいましたが

信号が変わると一斉にスタート、yu-はその集団から抜け出そうと

早足で横断歩道を渡り始めました。

まもなく横断歩道を渡り切るかというところで、yu-の後方から黒い影が迫りました。

体格の大きなおじいさんが、yu-を押し退くように先んじて渡り切ったのです。

yu-は、カンカンになり「あのおじいさんに押しのけられた、大人げないねと一言。

「負けず嫌いなんだろう、気にするな

 

しばらく歩くと、またもや信号待ち。

今度はyu-が、そのおじいさんの背後にぴったりとつき

そのおじいさんが横断歩道を渡りきろうとするところで、yu-がひょこっと抜き去りました。

「抜いてやった

「お前も大人げないのぉ、あ・・・お前まだ子供かっ

負けず嫌いでは、yu-は一歩もひけをとりません。

そんなyu-とおじいさんのデッドヒートを繰り返しながら、ズンズン歩いていると

沿道の要所要所で、係りの方がにこやかに声を掛けて下さいました。

「おはようございます。頑張って下さい。

「おはようございます。頑張ります。

気持ちのいい挨拶を交わすと、また「よし頑張ろう」という気持ちになります。

 

第一チェックポイントに着く頃には、随分前の方の集団まで進んでおりました。

「ちょっとペース速くない

「そうだな、ちょっと早すぎだな、yu-、お父さんのペースに合わせて行くぞ。」

「はぁい。」

 

第一チェックポイントで少しだけ休憩をし、またすぐに第二チェックポイントを目指し歩き始めました。

「yu-、だからぁ~ちょっと速いよ

「でも、先頭に出るか、最後を歩くかしないと人が多すぎて歩きにくいよ。」

(うん、確かに)それもそうだが、競争しているわけじゃないから、お父さんのペースに合わせろ。」「わかったよぉ。」

前を行く集団との距離を開けるため、少しだけペースを落として歩きはじめました。

私達にとって、ちょうど良いペースと間隔を保つように。

 

DSCF1097.jpg

 

 

徐々に長い団子状の行列は、より長い長い行列になっていきました

しばらくそうして歩いていると、前の方の集団から

「ほらっ、邪魔だよという声が聞こえてきました。

遠く、前方を歩くお年寄り達を押しのけるように歩いてこちらにやって来る、参加者ではない年配の男性が見えました。

「ほらっ、おいっと、明らかにわざとこの行列をかき分けるように、「どけっ」といわんばかりに歩道の真ん中をこちらへ向かって歩いて来ました。

参加者のご婦人は、その男性に肩をぶつけてしまい「すみませんという仕草をしているにも関わらず、その男性はご婦人に文句を言い放つと立ち止まりもせず歩いて来ました。

軽くプチッとスイッチの入ってしまった私は、通り過ぎようとする男性に声をかけましたが、こちらには一瞥もくれずに歩き去ってしまいました。

(なんや、あの人・・・)

「あのおじさん、何なんだろうね

必要以上に横に広がって歩いていたわけでもない(普通にかわせばかわせる位の幅で)のに・・・

近くを歩いていた参加者の方々から

「何、あれ」、「ああいう偏屈な人もいるんだよ

・・・そんな声が聞こえました。

 

私は思いなおし、「あの人、もしかしたら寂しい境遇にある人なのかもしれないよ」 

と、子供たちに伝えると

子供たちは「ふぅん、かわいそうだねぇ」と答えました。

一面を見ただけでは、分からないこともありますからね。 

(続く) 

 

 

 

カゼ長引く~

 

風邪をひいてしまいましてから、早や一週間

なかなか完治しません

 

「ゼ~ハァ~、ゼ~ハァ~と、息を吐きながら

仕事をしているためか(歳のせいか・・・)

今回の風邪は、とてもしつこくやっかいです(←八戒)

 

わが家で第一かんせん者のyu-は、かれこれ10日くらい咳が続いておりますが

熱はなく、食欲は旺盛で、咳き込む姿を見なければ

元気一杯のように見えます

 

私と同時期に発症したchi-も、風邪の症状はマシになってきているようです。

「・・・うう゛ん゛、う゛ん゛っっと咳払いをしたり

「喉いたぁいとつぶやくことはありますが、部活や勉強にも勤しんでいるようですから。

ただ、chi-はそれでなくとも、もっと食べられるようになってもらわんと・・・

 

それから、何故かぐっさんも、くしゃみをして風邪らしき症状が窺えます。

「フシュシュッ」と鼻息を荒げ、ダラーんと花水を垂らすのです

じいちゃん、頑張れ

 

そしてshi-は、3人と1匹の風邪ッぴきさん達に囲まれ

ちょっと風邪っぽい怪しい気配もあったものの、なんとか健康を保ってくれています。

細心の注意と健康管理&気力で、かろうじてかんせんは防いでいるようですが

まったく大した奥さん(お母さん)です・・・サイズは・小さいですが

 

しかし、このうえshi-まで風邪をひいてしまったら

というか、私達がshi-にうつしてしまったら

shi-につらい思いをさせてしまうことになるだけでなく

・・・一体、わが家はどうなってしまうのか

 

でも、きっとshi-だけは大丈夫でしょう。

日頃の行いは、きっとこういうときにモノを言うのでしょうからね

 

ワシ、chi-、yu-

日頃の行い、見直しましょうね

そしてshi-にはうつさないよう気をつけましょう(今更ですが・・・すまん)

 

あ、ぐっさんは無駄吠えやめましょう

 

本当に、風邪が流行っているようです(今年はおかしな気候ですしね)。みなさんも、くれぐれも健康管理にご注意下さい。外出先からご帰宅の際には手洗いうがいをお忘れのないように~

 

 

 

 

母の日

shi-です

今日は母の日ですね。

日頃の感謝の気持ちを言葉にして、あるいはプレゼントに託して、

皆さんはもう、お母さんにお伝えしましたか

 

母の日といえば、ちょうど1年前の大切な思い出が"目蓋の裏"に。

母からのリクエストにより、2009年は

KOKIAのinfinityツアーコンサートチケットが

母の日のプレゼントだったのです。

あ~・・・こんなことを書き出すと、またしんみりしてきちゃいますので、

その話しはおしまい。

今年からは、母の日をカタチに表すことはもう出来ないけれど、

心の世界でいつも「ありがとう」を言ってます

 

こんな私でも、とりあえずは子の親でして~

今日は子供たちから、心のこもったを貰いました

chi-からは先日お友達と2人でseaへ遊びに行った時、

母の日用にと、こっそり買ってくれていたストラップ&手紙

ストラップはchi-らしく、とっても可愛くって、早速携帯に取り付けてみました

手紙は字が本当に上手で、娘に完全に負けたと軽く凹みましたが、

それがまた嬉しくもありました。

KOKIAのsingle motherかなんかで聴いたことあったよーな、

ママの部分がお母さんになっていた言葉も書かれてあったりなんかして、

隠れて嗚咽

へタレ母ちゃんやけど、まだまだ頑張らなアカンなぁと励まされました。

 

yu-からはハンドクリーム2つ&手紙

yu-は、家事ですぐにガサガサになってしまう私の手

よく見て知っています。

なんて優しい息子

どこのスーパーにも置いてある1つ5百円ちょいくらいの

普通~のハンドクリームなんですけど、それを2つ

2つ買った理由が、クリスマスまでもつように・・・だそう。

しかも自分のおこずかいで買った! って言うのですから、

ビックリ

(手紙には "自分の金で" という表現でしたが)

1ヵ月分のおこずかいを殆どはたいてのクリームですから、

なんとまぁ・・・

なので、私にとってはどんな高級なクリームよりも、コレが高級品

 

しかし、こうも太っ腹なうちの息子、将来偉くなって、

本当の意味で自分の金をガッツリ稼げるようになった暁には

何カラットもするダイヤのジュエリーでも買ってもらっちゃお~

 

なんてアホなことを言ってる場合ではなくて、

将来できるであろう彼女とやらの貢ぐクンになってしまわないか・・・

ちょっち心配

 

とは言ってみるものの、今から心配してもしょーがないか

 

もうすぐやってくる子供たちの誕生日

さて、何をあげたら喜んでくれるかなぁ~

ぼちぼち考えとこ~。

 

 今夜24:30~NHK総合「J-MELO」

 http://www.nhk.or.jp/j-melo/english/index.html

KOKIAさんがゲスト出演します。

みんな観てねー

かぜに・・・

 

本当なら、今週末あたりは天気も良さそうなので

久しぶりに「らいおん丸(←ワシのバイク)で、風になりたいなぁ」

と思っていました。

 

DSCF0975.jpg

 

 

しかし、今年は珍しくG.Wをのんびり満喫してしまったせいか、すっかり風邪をひいてしまい

今週末は、とてもバイクに乗れるような状態ではありません。

(と、言ってもだいぶ良くはなってきているのですが・・・)

 

になるつもりが、風邪をひいてしまうとは・・・トホホでやんす。

 

でも、shi-に言われて気付きましたが

これが(風邪をひいたのが)1週間前でなくて良かったです。

1週間前だったとしたら、とてもオーチャードへ足を運ぶことは出来ませんでした。

 

・・・と思えば、ラッキーでした

 

人生ありゃ、もあるってことですね

 

・・・ゴホゴホッ、皆さんも風邪にはお気をつけ下さいね

 

 

 

やさしくされるとやさしくなれる

 

shi-です

今日5/4は私にとって特別大切な日。

 

日和さんと初めて出逢ったのが5/4 

今日は18周年の記念日です

 

結婚記念日となるはずだったのが5/4 (訳あって違う日になったけど・・・)

 

大阪サンケイホールでKOKIAのコンサートがあったのが5/4

 

そのコンサートへ母と行き、

笑顔の母の姿をみた最後の日がこの5/4。

 


 

5/4は私に何かを語りかけてくる、そんな特別な日です。

 

 

大輪の黄色い花が見事に咲いています。

 

しかも仲良く寄り添ってます

(まるで私達夫婦みたいじゃな~い?) なんてね

 

この花のように、これから先もずっと

仲良くいられたら素敵だろうなぁって思います

 

 

もう一つの可愛らしいピンクのお花は ロードヒポキシス (別名:アッツ桜)

 

一年前、実家の庭で ひと際力強く咲き誇っていたのを、

日和さんがこっそり持ち帰っていたお花です

 

冬場 一旦枯れてしまって、もうダメかなっと思ったのですが、

処分せずに、というか、処分出来ずに庭先に置いておいたんです。

 

そうしたら春先、枯れた葉っぱの間から若葉が一斉に芽吹いてきて・・・

ついに先日、花開きました

 

諦めないで良かった。

 

 お母さん、アッツ桜が咲いたよ

 

母も眺めていたであろう可愛いキミに

今年もまた逢えたねって、やさしい気持ちになりました。

ゴールデン・ウィーク

 

世間ではゴールデン・ウィーク真っ只中ですね。

なんと、わが家でも今年のゴールデン・ウィークは

わりとのんびり過ごしています

 

昨日は、庭の手入れや草とりをしたり、yu-の自転車の不具合を調整したり

ぐっさんと遊んだり、REAL WORLDを聴き返したり・・・

 

今日は、庭の手入れや草取りをしたり、買い物に出掛けたり

shi-と一緒に夕飯の支度をしたり、REAL WORLDを聴き返したり・・・

 

こんなふうに休日を穏やかに過ごせることに

何ともいえない、とても大きな幸せを感じています。

 

明日は、受験生で休日も勉強ばかりしているchi-は、たまの息抜きでお友達と

ねずみさんの国(あれ?海だっけ?)へ遊びに出掛けます。

 

「もう、そんなお出掛けができるようになったんだなぁ・・・」と

娘の成長が嬉しくもあり、親離れしつつあるようで寂しくもありです

 

さて、今月は何て素敵なことでしょう

いつもお世話になっているお友達の中でも、たくさんの方々がお誕生月を迎えられます。

 

この地球が丸いおかげでめぐり逢えた皆さんは、私やshi-にとっても

とても大事な、お友達の方々です。

 

お一人、お一人が、素晴らしいお誕生日を迎えられますように

 

 

DSCF1577.jpg

 

いつもありがとう。

 

 

 

 

「音の旅人」ファイナルステージ

 

KOKIAさんのconcert tour 2010『音の旅人』ファイナルを飾る

東京渋谷Bunkamuraオーチャードホールでのコンサート

本当に素晴らしいコンサートでした。

 

私達家族が足を運ばせていただいた

大阪ビジネスパーク・円形ホール(1日目)のセットリストとは

アンコール+1(Road to Glory ~ for Dragon Nest)を追加して下さった

ということ以外は、同じセットリストでした。

 

shi-も、感想を書かせていただいておりますので

少しだけ、以下に私(日和)の個人的な感想を書かせていただきます。

 

                                        

 

コンサートのセットリストについては

KOKIAさんが昨年訪れたチュニジアで、新たな世界観を得られたことから紡ぎ出された

ニューアルバム『REAL WORLD』からの選曲が、当然ながら多かったのですが

KOKIAさんの往年の名曲といえる、数々の曲も加えられておりました。

 

全体の選曲を通して強く感じたことは

きっと今、KOKIAさんが私たちファンのみならず

世界中の人々に届けたいと思う「メッセージ」「想い」

彼女は「歌」を通して、どこまでも届たいと思われているのではないか、ということです。

 

KOKIAさんの音楽(歌・曲)は、時には一人で落ち込んでいるときに寄り添ってくれたり

「それでもまた、前を向いて頑張ろう」と勇気を奮い起こさせてくれたり・・・

また時には「平和への祈り、心からの願い」を込められたものがあります。

 

そうした、いわば彼女の「メッセージ」「想い」が強く込められたものと思える音楽は

現在までにKOKIAさんが発表された、数多くの楽曲の中に沢山ありますし

新たにアルバムを発表なさった時期に行われる

これまでの(アルバム〇〇〇〇を引っさげての)コンサートツアーなどでも

十分に、その想いを感じることはできました。

 

ただ、昨晩のオーチャードホールでは

数少ないながらも、私がこれまでに拝見、拝聴させていただいたKOKIAさんの

どのステージにも勝るとも劣らない「歌う人」KOKIAの「覚悟」「魂」を感じました。

 

きっとそれは、オーチャードホールという素晴らしい

彼女自身にとっても、とても思い入れの深い会場で行われたコンサートであったから・・・

素晴らしきサポートメンバーに加え、チェロとヴァイオリンという二つのストリングスという

KOKIAさんの音楽に、このうえなく調和するスペシャルサポートがあったから・・・等々の要因も

確かに作用していたから、感じたことなのかもしれません。

 

しかし、私はそれ以上にKOKIAさん自身の音楽に対する「歌のチカラ」が日々進化しているからこそ

あの素晴らしいファイナルステージが生まれたように思いました。

 

 

『自分を超えるのは、自分でしかない』

 

 

KOKIAさんが昨晩おっしゃった、その言葉に

彼女の「KOKIAの音楽」に対するぶれない気持ち、情熱と可能性は

きっとこれからも、「歌う人KOKIA」を進化させ続けて下さるだろう。 

と感じずにはいられませんでした。

 

KOKIAさん、素晴らしい歌を、楽曲を、そして感動のステージをどうもありがとう。

 

 

 

 

 

「音の旅人」♪ 渋谷Bunkamuraオーチャードホール

shi-です

今回の「音の旅人」コンサートツアー

比較をするのって、あんまり良くないとは思うのですが、

正直なところ、オーチャードの方が良かったって思いました。

(私の個人的目線ですので悪しからず)

 ホール自体もコンサートするに相応しい造りになっているのでしょうか。

どの座席からも舞台中央が見やすい そんな印象です。

なので、今回はKOKIAさんの全身がバッチリ見えましたよん

カレー粉で染めたというステージ1部での衣装。

サハラ砂漠を彷彿させるような自然な色合いがとっても素敵でした。

2部では黒いドレスにクリスタル?が動くたびにライトの光に当たって

眩しいほどにキラキラ輝きを放ち、ほんとに綺麗でした。

袖の部分も左右違って凝ったつくりでしたョ

 

オーチャードでは大阪の時には気がつかなかったあれこれがよーく見えました。

手拍子が自然に湧いたり、ラストには会場中が

感動の渦の中でのスタンディングオベーション。

気を良くしたKOKIAがアンコールのそのまたアンコールで

Road to Glory ~for Dragon Nest を歌ってくれたこと。

音レンジャー隊の皆さんも、いい味を出してました。

いつものメンバーに加えてのチェロとバイオリン、すごく良かったです

音色がいいのはもちろんなんですが、見た目にも優雅さが感じられて

結構憧れの楽器だったりするんです。

今後のステージにも是非お願いしますって頭下げたいくらいなんですけど。

兎に角 最高のステージだったことには間違いありません。

今尚、昨日のコンサートは楽しかったなぁ~ 良かったなぁ~と、

ずーっと余韻に浸っているのですから

どの曲が良かったのかなんて選べないほどです。

強いて言うなら(涙ポロリしたのは・・・)、

安心の中、  罪滅ぼしの歌、 ジュゴンの空、 世界の終わりに、

この地球がまるいお陰で

でしょうか・・・。

 

それから調和、すんごくカッチョ良かったです

帰り車の中でyu-も「調和カッコよかったよねー

すんごいカッコよかったよねー」 って興奮しながら言ってました。

その他の曲もすごく良かったです。

やさしくされるとやさしくなれる花 途中、突然の聴き慣れない歌詞に

一瞬戸惑いましたが、間違ったにしてはちゃんとした纏まりのある歌詞だったので、

きっとKOKIAさんが今回の為に用意された歌詞だったんでしょうね。

KOKIAさ~んそのあたりどうなんでしょう

お話聞かせてもらいたいです

 

今回のコンサートでは心の旅に心置きなく出掛けることができました。

その旅は、時に涙したけれど、とても温かいものでした。

亡き両親にも会ってこれました。

またがんばろーってパワーをたくさんもらいました。

音楽のチカラって偉大ですね。

KOKIAさん、音レンジャー隊の皆さん、スタッフさん、

今回も素敵なステージを本当にありがとうございました

次回も期待してますよー

 

以下セットリストちゃんに許可を得てコピペどす

Thanks ちゃん

【セットリスト】
〈第一部〉
Birth
Love is Us, Love is Earth
REAL WORLD
宇宙が...
The rule of the universe
最終上映
やさしくされるとやさしくなれる花
安心の中
罪滅ぼしの歌
私が見たもの

〈第二部〉
覚醒~open your eyes~
命の光
調和
ジュゴンの空
孤独な生きもの
世界の終わりに
この地球がまるいお陰で
a gift
The woman

アンコール
Remember the kiss
Road to Glory~for Dragon Nest

ピアノ(サックス/ジュゴンの空) 浦清英
ギター 松尾和博
コントラバス 斉藤光隆
パーカッション 山本恭久
ヴァイオリン 藤堂昌彦
チェロ 四家卯大



                        

 

今回のオーチャードでは、どうしてもお逢いしたい方がいました。

どうしても直接お逢いして、お礼が言いたかった方です。

母が結んでくれた縁だと思った方です。

私達の願いが、そして想いが叶い、お逢いすることができました。

本当に嬉しかったです。

一年前のブリーゼで、私と母の様子を後ろからそっと見てくださっていた方なんだなぁ

って思ったら、急に感極まってウルウルでした。

ハグハグとっても嬉しかったです。

とっても明るく優しく気さくに接してくださるその方は

まさにイメージどおりの素敵な関西系マダムでした。

というか、すんごいすんごいお若くお綺麗なので逆にビックリしました!

生きていると色んな素晴らしい出逢いがあります。

人は独りでは生きていけない。

人様があってこその自分。

幸せというものは自分以外の人様がいるからこそ、感じとれるもの。

KOKIAも似たようなことを言ってた気がするんですが、

本当にそう感じた瞬間でもありました。

ありがとうございました。そして、これからも宜しくお願いします

 

                      

 

終演後、十数名で押し掛けたカレー屋さん、とっても楽しかったです。

ナンは何であんなにデカイんでしょう

でも本場のカレーはやっぱり美味しいですね。

また皆で行きたいです。

皆さん遅い時間までお疲れ様でした。

終電間に合いましたか

私達も帰宅したのが深夜1時頃でした

 

それにしても都会の深夜って怖いですね

まるで日本じゃないみたいな

お友達と別れて駐車場に向かう途中、ナンパされました。

日和さんがです。逆ナンってやつですか

私や子供たちが後ろからぞろぞろ着いて来ているにも関わらず、

なんて無礼なヤツなんざんしょ

パンチをくらえー

アホんだらぁー

 深夜の都会はゾッとしますな。

 

 「音の旅人」♪ 大阪ビジネスパーク円形ホール

shi-です

大阪OBP円形ホール(4/24)と、東京はオーチャードホール(4/30)に

参加させていただきました

 

ビジネスパークは昔働いてた場所ということもあってか、

そけだけで ものすごく懐かしい思いがしました。

かつては毎日のように目にしていたツインタワーから見える大阪城、また

その周辺を散策していると、今まで大切に仕舞い込んでいた想い出の玉手箱から、

一つ一つ宝物を手にとってゆくような、そんな優しい気持ちになれました。

遠距離恋愛してた時のこと。日和さんが遠路遥々大阪に来てくれた時、

仕事中の私を待つのにお昼ねして時間を潰してたというベンチ。

そこへ、今度は家族となって訪れていることへの不思議。

そして大好きなアーティストのコンサートを観に、家族揃って再びこの地に

帰って来ることになるなんて、あの時代には想像すら出来なかったことです。

そんな背景があった上での大阪公演は、本当に感慨深いものでした。

ただ、円形ホールは舞台のKOKIAさんがちょっと・・いや、かなり見辛かった

なんつーか、前の人の頭で完全にKOKIAnが隠れてしまって

ちょっとやそっと 体の向きを変えてみても、やっぱり前の人の頭が・・・

せめて前の人が髪の毛をポマードか何かでピシーっ と、

コンパクトに纏めてさえいてくれれば、なんとか見えたかなとは思うのですが

しかし、前の人のせいでもなんでもないんですよ

背の低い(座高も低い)私が悪いので仕方ないと思いました

子供たちの席からは見えたらしいので、グズられず良かったです。

でも私がグズったので、2部が始まる頃に日和さんが座席を交替してくれたんです

そしたら日和さんも「見えへん」言うてました~。

たまたま座席の位置が悪かったみたいです

 

プロフィール

日和

Author:日和
ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人、休日は気ままにブンブン♪ドライブを楽しんでおります。KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。


日和:私(お父さん) 
shi-chan:ハニー(お母さん)
chi-:娘 (新社会人)
yu-:息子(大2)
愛犬:ロザリー(♀7才)

KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
04 ≪│2010/05│≫ 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。