FC2ブログ

皆様ありがとうございました。

 

このたびの母の件、ブログの記事をあのような形で休止させていただきましたことから、記事をご覧いただいた皆様には、大変な御心配と御迷惑をお掛けしてしまい、誠に申し訳ありませんでした。

すべての事情は先日のshi-の記事の通りでした。

shi-はもちろん、子供たちも、大好きな母(祖母)を失った悲しみの中にはおりますが、現在は「母の生き方を讃え、誇りに想うことで、直面した現実を受け入れていこう」と、家族で少しずつ気持ちを整え始めているところです。

母がそうであったように、shi-も、子供たちも、きっとこの耐え難い悲しみも乗り越え、これからの人生を前向きに生きていけると思います。

私自身は、母に尽くしきれなかった親孝行の分まで家族を守り、大切にしていこうと思っております。

今回のこと、お友達にさえshi-からはもちろん私からも、こちらから連絡をさせていただくことは致しませんでしたが、当ブログの記事をご覧になり、お気にかけていただいた皆様、ご心配をお掛け致しまして誠に申し訳ございませんでした。

直接、私やshi-へ「ご心配いただいている旨」のご連絡をいただいたお友達の皆様、皆様からいただいた母への弔辞のお言葉、shi-や、私への励ましのお言葉が、今まさに母と惜別のときを過ごしていた私達にとりまして、どれだけ大きな励ましになったことでしょう。本当に有り難うございました。

また当ブログの昨日の記事で事情をshi-がお伝えさせていただき、ご心配いただいていた皆様や、事情を始めて知られた皆様からもお言葉をいただきました。優しいお声掛けや、本当にshi-のことを心配してくださってのお言葉に、胸が震えるほど嬉しく思いました。有り難うございました。

皆様からいただいた、お言葉のひとつひとつが私達家族にとって、これから前へ一歩を踏み出すための大きな励ましとなりました。

またご連絡やコメントをいただかなくても、ずっと心配してくださっていた皆様にも、心より御礼を申し上げます。

母のこと、shi-のこと、私達家族のこと、お気にかけてご心配いただきまして、本当にありがとうございました。

皆様から賜った、このご恩に少しでも報いられるよう、そして旅立ったあの母の、子、孫であることの誇りを胸に、私達家族は前を向いて歩いて行きます。

皆様の私達家族へのお心遣いとあたたかい思いやりに、心から感謝しておりますことを謹んで申し上げさせていただきます。

 

皆様、本当にありがとうございました。

 

日和

 

スポンサーサイト



プロフィール

日和

Author:日和
KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。(日和)

日和:私 
shi-chan:ハニー(妻)
chi-:娘 (社会人2年生)
yu-:息子(大学3年生)
愛犬:ロザリー(♀8才)

ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人、休日は気ままにブンブン♪ドライブを楽しんでおります。KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。(shi-)

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
05 ≪│2009/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ