FC2ブログ

集い☆2008

 

確か、昨年の今日は「ancoroの集い」がありましたよねぇ

とても楽しかったイベントから、もう1年が経つのですね

あ・あぁ、今思えば貴重な経験をさせてもらったなぁ・・・。

                                  

今年は「ancoroの集い」もなく、たまたま私も今日は仕事が入らなかったので、ある1つの音楽の好みに、とても近い価値観を持つ知人達とお逢いすることができました

もちろん、その方達と私とは日常の生活の中で近しい関係というわけでもございませんし、価値観が近いという表現は適当ではないかもしれません。「好み」と感じるポイントが、必ずしも一致しているということではないでしょうからね。

しかしそれでも、今の私にとっては何だか素直に嬉しい存在です。きっと彼らは私にとっては「善き隣人」だと思っています。

いろいろな趣味や嗜好、価値観の選択肢が多い現代で、「好み」と感じるポイントが全く同じではなかったとしても「いいねぇ~」と喜びを共感できる方達の存在って、私にはとても嬉しい大切な存在です。

自己満足かもしれませんが、私はそういう方達と語らえる時間も、自分の心にとってはとても大切なひと時だと思っています。やっぱり楽しいし嬉しいもんねぇ。

                                 

自分の価値観と近い方達とご一緒させていただくと、リアルな言葉と反応の中にあまり「否定」をされることのない居心地の良さにあぐらをかいてしまいがちです。しかしだからといって容易く「否定」から捉えるのではなく、まず「肯定」として捉えられる寛容さは私は大切だと思います。

お相手の伝えたいことの真意を理解しようとするなら、まずはお相手のお話に耳を傾ける。すると、最初に感じた違和感「否定」の心細さが「実はそういう意味なら理解できる」とか、「あ、これは断然自分の考えとは違うなぁ」とより正しい判断の材料になっていくように思います。

最初から感覚的に「否定」の気持ちを持ってしまうと、真意を伝えられていないお相手に警戒心を抱いてしまい、お相手との意思の疎通を建設的に図ることはとても難しくなってしまうと思います。

ですから、「まずお相手のお話には十分耳を傾ける」ということは、とても大切なことなのだと思います。

                                    

あれ?今日の「集い」の話とは、まったく違う方向へ来てしまったような・・・。お逢いできた皆さまゴメンナサイ 今日はもちろん素直に嬉しいひと時でした。

私にとっては“GoWork!!”期間中でありながらお陰さまをもちまして、家族共々とてもありがたいひと時を過ごさせていただいたことに感謝しております。

 

あり~がとう~

またね

 

スポンサーサイト



プロフィール

日和

Author:日和
KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。(日和)

日和:私 
shi-chan:ハニー(妻)
chi-:娘 (社会人2年生)
yu-:息子(大学3年生)
愛犬:ロザリー(♀8才)

ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人、休日は気ままにブンブン♪ドライブを楽しんでおります。KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。(shi-)

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
04 ≪│2008/05│≫ 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ