FC2ブログ

国際フォーラム・ステージ衣装☆マイク

shi-です

大阪のステージでは衣装のお着替えがなかったそうですが、

フォーラムでのステージではお着替え1回ありました

 

大阪での衣装がバニラ色の豪華な方ですか(東京の後半で着てた衣装?)

前回の薬曲では

「両方好きだけど、どっちかっていうと後半で着る豪華な衣装の方が好き

ってKOKIAnおっしゃってましたよね

着てみると 「アヒルみたい」 とか言われたそうですが、

私には 「五段ウェディングケーキみたい に見えました

超豪華

 衣装担当の 愛ちゃん!

天才

でもどっちかっていうと、私個人的には

前半に着ていたフワッとした水色っぽい方のが好みです

ひょっとして、これがヨーロッパツアーで着用されてた衣装ですかな

素敵過ぎ

 

 

                             

 

 

おニューの クリームホワイトのワイヤレス・マイマイク!

とっても素敵でした

でもね、彫られているという象さんの絵までは残念ながら見えませんでした

スポンサーサイト



感動の波

shi-です

なんとなく自分を取り戻しつつあります。

もうね、どう言葉で表現すれば良いのやら

とにかく素晴らしいステージでした

 

まず国際フォーラムという会場、初めて私は足を踏み入れたわけですが、

中は木の温かいぬくもり感が溢れる、とても美しいホールでした。

座席はなんとビックリ

ステージ直ぐ前は(観客席4席分ほど)可動式カメラが置かれてあったこともあり、

実際の客席番号よりもう~~~んと前でした。

大阪でのオープニング曲、セットリストなど、知りたくて仕方が無かったのを

なんとか耐え忍び当日を迎えたので、さて何が飛び出すのだろうっと

ドッキドキでした。

KOKIAnが登場する前から声援飛ばしちゃる~って思ってましたが、

息を呑むような静けさ、サポートメンバーの方たちの楽器だけが徐々に鳴り出す。

<< さぁ、これから神聖な儀式が始まるのよ!>>

そういったような空気が漂う中、既にカメラも回っているし

とても声を出すことなど出来ない雰囲気のまま、

センターに立っていたKOKIAが歌い出しました。

(あの中でKOっKIA~とか言うてたら逆にひんしゅくを買ってしまう・・そんな感じ。)

 

そしたらオープニングは 穏やかな静けさ~浄歌 だったんです!

おぉ~だからかぁ~ この静けさ一瞬にして頷けました。

いや~ カッコよかったですよぉ~KOKIAn

失神は免れましたが・・・ 助かりました 

 

次々飛び出す曲の数々、KOKIAの世界に引き込まれていき、

結局私自身、盛大な声援を送れないまま、第一部が終わっていきました。

決してつまんなかったという訳じゃないんです。

圧倒され過ぎて、声を出すことすら出来なかったんです

だってKOKIAの歌声、伝わってくる感情がすご過ぎるんですもの。いい意味で。

 

何もかもが星になって を聴いている時、何故か自分の中で

「ごめんね」って言葉がこだまして涙がジワーッと溢れてきたんです。

 

あと、 安心の中 

初めて生で聴きましたが、涙ジワーッどころではありません。

もう ジョーーーーーッて感じで、第一部終了後は

一目散にトイレに駆け込み泣き崩れ、涙を拭うのに必死でした。

 

KOKIAn、あなたは一体何者ですか

今更ですが、シンガーソングライターを超越した何者かです。

m(_ _)m

 

 

上記以外、特に印象に残った曲について。

song of pocchong ~雫の唄・・・これすんごく聴きたかったんです。

表情豊かに、楽しそ~に歌うKOKIAnが印象的で、私もユラユラ楽しくって揺れました

巻き舌のところ、KOKIAだって感じがしました。

 

照明がめっちゃ かっちょえーっ と思った曲について。

調和 

I  believe~海の底から~

I believe~では私の位置から見ると、

ギターの松尾さんの後方、頭上から長い光線が

こちらに向かって発せられており、松尾さんがとてもカッチョ良かったです。

 

初めて生で聴いた歌の中で、印象がガラリと変わってしまった曲について。

The rule of the universe

・・・こんなに迫力ある歌だとは思わなかったと衝撃!

いいなぁ~という感じから、急に大大大好きになりました

 あと、Princess EHIME

最初CDで聴いた時、正直変わった歌だなぁ~なんじゃこりゃ?! と思ってました

いえ、最初だけじゃなく、これまでずっと

その思いが一転しましたよ

変わった歌ではありますが、セクシーです ( ~ё ̄) -☆

是非また歌ってください。

でも、この曲を書いた時の背景というか、経緯みたいなことが知りたいです。

やっぱり みかんの粒々を見ていて生まれた曲なんでしょうかねぇ・・・?!

 

それから、私がひどい金縛りにあってしまった曲について、 ずばり。

 Ave Maria

il mare dei suoni

曲が進むにつれ、極端に言うと息が吸えないんです。

吐いてゆくことしかできなくて、

どんどん身体に力が入り、硬直していく感じ。

言葉で自分の感情を表現するには難しく、その前に圧倒され

身体が反応して硬直するといった感じ。

私完全に参りました。

m(_ _)m

イルマレの時、舞台後方のヤーも意外で良かったです。

 

 

タイトルは教えてもらって知っていたけど、初めて聴いた曲について。

道化

U-CHA-CHA

どちらも良かったですけど、ズンときたのは道化

いずれCD化して欲しいな

って、日和さんも言ってました

 

これからもずーーーーーっと、聴き続けたい 

そう強く思わせてくれた、素晴らしいライブでした。

 

最後、日和さんと2人揃って

「10周年おめでとう~って言えた時、

KOKIAさん一瞬驚いたような・・嬉しそうな・・そんなお顔を見せてくれた気がしました。

私達の声、届いたかな・・・?

 

素晴らしいメモリアル・ライブを本当にありがとうございました

 

 

アンコールの ありがとう・・・ の弾き語り後、

最後に歌ってくれた

かわらないこと~since1976~

私にとって、思い出深いこの曲がラストにくるとは

これまた

どうしようもないくらい参りました。

m(_ _)m

プロフィール

日和

Author:日和
KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。(日和)

日和:私 
shi-chan:ハニー(妻)
chi-:娘 (社会人2年生)
yu-:息子(大学3年生)
愛犬:ロザリー(♀8才)

ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人、休日は気ままにブンブン♪ドライブを楽しんでおります。KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。(shi-)

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
03 ≪│2008/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ