FC2ブログ

人生は旅

shi-です

江原啓之さんの「天国からの手紙」観てました。

最初から最後まで号泣しっぱなしだったので、目と鼻の下が痛いのなんのって

腫れぼったい目が更に腫れあがり、目も当てられません

私は霊的な存在を完全に信じ切っているわけではありませんが、

数年前に亡くなった父からのメッセージ(不思議な現象?)を何度となく

感じとったことなどを思い返すと、決して否定はできません。

亡くなった人たちは愛する家族を想い、メッセージを伝える方法を

探しているのかも? しれないですね。

でも、余程 霊感の強い人でない限り、亡くなった人の切なる気持ちを理解するのは

困難なことであり、その為、自責の念にもがき苦しむ人だって多いのです。

そんな時、江原さんのような方に故人からのメッセージを

介して貰えることが出来れば、どんなに心が救われることでしょうか。

また、この番組を観た方が改めて家族の大切さを

見つめ直すきっかけとなればいいなと私は思います。

家族ほど大切なものはありません。

「失ってから気付いた」のでは遅いのです。

残念ながら、私は父を失って気付かされました。

父はどんな思いで逝ってしまったのだろう・・・・・?

未だ本当の気持ちを知る術もありませんが。

でも番組内で江原さんが仰ってました。

私のような立場にある遺族の人たちへ・・

「悔やんでも始まらない。自分が見本となる生き方を」と。

そしてこういう遺族の人に対して周りの人たちへ・・

「偏見の目で見ないで下さい」と。

江原さん、ありがとう。救われます。

私は何のとりえもない主婦ですが、

父が自分の命と引き換えに教えてくれた(気付かせてくれた)この想いを常に胸に、

ささやかなことかもしれないけれど、それを人に伝えていくことが

もしかして私に与えられた使命なのかも・・・? と

ふと思います。

 

自分を産んでくれたお父さん・お母さんを愛していますか?

ご主人・奥様を愛していますか?

家族を大切に。

友人を大切に。

感謝の気持ちが湧いたら、そのうち伝えようではなく

今すぐ言葉にして、その温かい気持ちを伝えて下さい。

当たり前すぎて普段見えない幸せ、

どんなに小さなことでも、「ここにある」こと全てにありがとうと思いたい。

温かい気持ちは必ず大きな幸せに繋がるはず、と信じています。

スポンサーサイト



プロフィール

日和

Author:日和
KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。(日和)

日和:私 
shi-chan:ハニー(妻)
chi-:娘 (社会人2年生)
yu-:息子(大学3年生)
愛犬:ロザリー(♀8才)

ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人、休日は気ままにブンブン♪ドライブを楽しんでおります。KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。(shi-)

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
11 ≪│2007/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ