FC2ブログ

3年目の菅平合宿


yu-の3年目の菅平合宿が無事に終わりました

菅平合宿2

一年生のときは、ただ走り込みの練習をしている姿でさえ
見ていられないほどヘロヘロになっていて
ボールのキャッチも、パスもへたくそで

「このクソ暑い炎天下に何でこんなこと、やらされとんのやろ?」と
きっとyu-は思っているに違いない・・・と思いながら見ていた夏合宿。


yu-が入学した高校は、付属の中学がある私立高で、yu-には同じ中学から
その高校に行った仲間もおらん中にあって、付属の中学から上がってきた
子らは、すでに仲間としてグループが出来ていたりしたそうです。

勉強の面でも、yu-は私立のしんどさをナメていたようなところもあったので
本当にいろいろなことが、入学当初に期待していた高校生活と現実との間
に、yu-はギャップを感じることも多々あったろうと思います。

当時、浮かない顔をして登校していくyu-の様子は今でも覚えています。

そんなyu-とたまたま同じクラスになって、声を掛けてくれた生徒さんが
ラグビー部員の生徒さん。

誘ってもらった体験入部では、楽しいタッチフットなどをして和やかな
雰囲気だったらしいです(新入部員勧誘では常套手段やな)。

私も、shi-も「せっかくの高校生活なので何か部活動をした方がいい」と
yu-にアドバイスをしましたが、中学時代はパソコン部のyu-が
まさかのラグビー部

小柄でやせ型、足も決して速くはないし
本格的なスポーツ経験もゼロなのに・・・。

そりゃあ、勉強もおろそかにせず体力にも問題なく
大きな怪我もせず続けられるというのなら
少なくとも私は男らしいスポーツと思っているラグビー部に入部する
とyu-が言い出したときに、悪い気はしませんでしたが

「・・・yu-がラグビー部、だいじょうぶかなぁ???」
という思いもありました。

でも「3年間『帰宅部』は自律できないあいつにとって良いことはない」
と思っていたので、ひとまずは応援することにしようと決めました。


そんなyu-のまともな練習風景を見たのが一年生時の夏合宿

私が想像していた以上に本人はしんどそうで・・・。
それは体力的なことだけではなく、yu-は体育会系の規律の厳しさなど
それまで微塵も感じたことのない生活を送って来ていたことからも
そういう様子を感じたものでした。

また、それに輪を掛けての学業成績の不振

yu-の通う高校は、どちらかと言えば部活は学業を疎かにすることなく
取り組むことができる者が取り組むべき活動、とする方針のようで
日常の学習時間に不安を持つ生徒はもちろん、将来、より高い学力を
望む生徒たちは、せっかく入った部活であっても3年間を全うすることなく
辞めてしまうことも往々にしてあるようです。

なので、yu-の当時(1年生)の成績を見たときには

「これではyu-も3年間部活動を続けることは相当難しいだろうな」
と密かに感じていました。

自分の時のことは棚に上げた話しになってはしまいますが・・・

実際、親としては、yu-が何のために現在の高校に入学したかを思うと
yu-が将来の目標を叶えることを第一に考え、受験を頑張った結果
入れた高校であり、またyu-は有り難くも健康に生まれることが出来た体
なのですから、目標に近づくための進学はしてもらいたいし、大きな怪我
など絶対してもらいたくないと思いました。

yu-のために、ほぼ休みなく毎日、早朝に起き出して弁当を作ったり
夜は練習着などで大量の洗濯物と格闘するshi-にも、あまり大きな負担を
掛けてもらいたくないと思うこともありました。

しかし、わが道を行くyu-は、そんなことは親として当たり前と言わんばかり
にshi-に世話を焼かせたり、定期テスト前などにノーベン(勉強をしない)
であることをのたまうのでした

堪らず、私も何度かブチ切れることはありましたが
心のどこかで「こいつなら大丈夫」と、信じている自分もいて
yu-が厳しい部活を続けることを今日まで許して来てしまいました。

そして現在では、その為にyu-の進学が今より更に厳しいものになった
としても、「yu-が選んだ道や、しくじったとしても本人が納得するまで
やったらええわ」と、思うようになっておりました。

とはいえ、さすがのyu-も、2年生の後半くらいから、ようやく自分の
置かれている厳しい学業成績の状況に危機感をもったようで
そこから相当勉強も頑張って、ようやく1年時の借りを返して
他の生徒さん達の成績レベルに近づくことが出来ました。

今回の合宿へ行く2週間前位に行っていただいた、担任の先生を
交えての三者面談では「(yu-は)この夏以降の努力次第では進学を
諦めなくてもいいところに半歩足を入れた」と、ようやく言ってもらえる
ようにまでなったのです。

「この夏の努力次第では」・・・ですが


そして迎えた3年生の8月。

yu-はやっぱり最後の夏合宿に来ていました。
親の心配や、気苦労もなんのその。

「努力次第」の意味をはき違えとらんかのぉ。。。

自分の状況を理解していたとしても、そうでなかったとしても
たいした大物ぶりを発揮しているyu-は、今年の夏合宿では他のどの
部員さんたちよりも、多くの練習試合に出場する機会をいただいて
いたらしいです。

もっとも、レギュラー部員さんたちが今年は大勢故障してしまって
いるからと、本人は言っておりましたが・・・


夏の菅平高原には全国から強豪高校ラグビー部の生徒さんたちが訪れます。

まさか中学ではパソコン部だったし、高校入学当初の成績はギリギリ感の
強かった小柄なyu-が、3年生最後の菅平合宿で真っ黒になってヘトヘトに
なりながら、ガタイの大きな相手校の選手に何度もタックルかましたり
モールでもつぶされながら揉みくちゃにされたりボールを持てばぶっ飛
ばされて必死に立ち上がる姿を目の当たりしたら・・・
そりゃあ、親としては目頭熱くなりますわ

「よく頑張ってきたなyu-、yu-にはyu-の思いや感じること
譲れないものがあってラグビー部を続けているんだろうなぁ」
と感じました。

菅平合宿1
ボールをキャッチしているのがyu-です

わが息子ながら、全力で取り組む姿はカッコイイと思いました。

私とshi-の自慢の息子が、この夏を無事に乗りきれるのか(勉強の方も)
そして、これからどんな成長を遂げていくのか、ちょっぴり(かなり?
不安はありますが、実はとても楽しみなのです


高校生活、勉強も部活動もあと少し

最後まで全力でやるだけやったれ、yu-



ずっと応援したるわ






tag : 高校ラグビー 菅平合宿 子育て

来年は成人式


わが家の長女chi-も、今年で二十歳になりました。

毎日2時間くらい掛けて大学へ通学している普通の女子大生です。


そんなchi-と先日初めて、とあるアーティストのライブに行ってきました。

VIP.jpg

私にとっては懐かしい想い出盛り沢山のアーティスト。

chi-にとっては、初めてライブで観るので刺激が強いかなと思いましたが

なんのなんの、と~っても盛り上がって楽しめたようです。

横浜アリーナ


chi-は将来の目標があるので

長~い通学時間にもへこたれず

学校での勉強も彼女にとっては

とても大変なようですが頑張っています。



そして、たまに好きなアーティストのライブなどへ出掛けることが

良い息抜きになっているみたいです。


あ、そういえば

先日はおじいちゃんと原宿へ二人で買い物にも行ってました。

以前はとても内向的なところもあったのですが

最近は少し図々しく、よく言えば積極的になってきた気もします。

とはいえ人見知りもするので・・・だから出掛けるときは

身内や、仲の良い友達とが多いのかもしれません。


昨晩、久しぶりに家族揃って夕食をとっていると

どういう会話の流れだったかは忘れましたが

私が「chi-、結婚相手はお父さんを超える男を見つけてくれ」と、言うと

「そんな人、そう簡単に見つけられないよ。」と、chi-。

「えっ?、いや性格とか・・・内面的なところの意味でだよ

「だから、それは無理。お父さんみたいな人、めったに出会えないでしょ!」と、chi-。

「・・・もうそれ以上言うな

有り難いことに、彼女にとっては合格の父親なのかも。

と自己満足に浸りました。


・・・いけませんね。

そんなん言われたら、コロっといっちゃいます。

「何ちゅーええ子に育ったんやろ・・・

親〇カ全開でやんす。


さて、そんなchi-と前段のアーティストライブ後に

地元に戻ってからお疲れ会

初飲み


こうして娘と二人で、ライブや飲みに行ける日が来るとは・・・。

私より後のお風呂には絶対入らないし

お願いごとの切り出し方はもの凄く上手ですが

私の大切な娘は、お陰さまで順調に来月成人式を迎えられそうです。





※今週末の忘年会、吉祥寺あたりで昼間にやるよ。
 ancoroちゃんの皆さん、よかったら連絡ちょーだい
 親〇カ父ちゃんが待っています






tag : 成人式 父親 横浜アリーナ

とりとめもない親父の話


今年の夏は、涼しくない日々が続きましたね~

最近、ようやく夜も涼しくなり、眠られるようになってきました。

かぶとむし

カブトムシ

今年の夏も出会いました。


今年、これまでの8ヶ月、わが家にとっては大きな変化がありました。

1月・・・は、特別なことはなかったかな?

2月は、yu-の高校受験、大雪、それにまつわるトラブル

3月は、chi-の引っ越しの準備と卒業、yu-の卒業。

4月は、chi-の入学式と一人暮らしのため引っ越し。
yu-の入学式と、shi-はPTA役員選出と役員会が始まる。

5月からは、yu-がラグビー部に入るの入らないので・・・結局入ったから
yu-本人はもちろん、shi-にも休日が無くなった(弁当とか洗濯とか盛り沢山)。

6月は、chi-の大学、yu-の高校の保護者会とラグビー部の総会。

・・・で7月、夏休みに入るとchi-が帰省し
ついこの前、菅平までyu-のラグビー部合宿へ、ささやかなお手伝いと応援のために
行ってきたと思ったら、先週末にはchi-が地方キャンパスへ戻るために
yu-を自宅に残して、chi-を送って参りました。
(その日の晩、テレビに友人が出演してビックリ


子どもたちの生活環境の変化は、私たち親にもに大きな影響を与えています。
その生活にまだ慣れるのに精一杯で、来る日も、来る日もバタバタしている感じです。
(因みに学費や仕送り、諸々の出費もWパンチでハンパありません

子供達自身はといえば、chi-も、yu-も
それぞれが行きたかった学校へ、進学することができたのは良かったけれど
二人とも余裕の学力で、入学させてもらえた学校では決してなかったと思うので
進学先での勉強が、やっぱりちょっとしんどそうです


私も、子供達から学校の宿題や課題、定期テスト対策など
いまだに時々頼られることもあるのですが

正直、今更学生時代の記憶を呼び起こすことも、新しく理解することも
何より、そこに取り組もうとする体力に自信がもてません

でも「そんなもん、お父さん分からんわっ」とバッサリ言えないので
夜中にこそこそ解法調べたり、使えそうな文献調べたりすることもあります
・・・寝る間を惜しんで

やっぱり、まだまだ子供達に「さすが、お父さん」と言ってもらいたいのです。

いつまで経っても子供は子供。

積極的に親として子供に関われるのも今のうちだけでしょうから。
「子供達が社会人になるまでは・・・」と、思っているので・・・。

順調にいけばyu-が社会に出るまで、あと6年半。
それまでは親としての役割を積極的に果たして行こうと思っています

そんなバタバタなわが家の夏休みも、もうすぐ終わり。
今年も残り4ヶ月ほどとなってしまいました。

歳を重ねるたびに、過ぎていく一年が早く感じるもの。

そりゃ、ワシ、おっさんにもなるわな。

でも、着実に私やshi-の養分は子供達に注がれています

だから、まぁ、本当は自分がおっさんになろうが、とっつぁんになろうが
構いやしないのです

私たちの育てた子供達が将来、どんな大人になってくれるのか

このうえない楽しみがありますから




結局、とりとめもない親父の話になってしまい、すんまそん





菅平高原の熱い夏



今年の夏は、わが家にとって大きな変化のあった夏でした。


7月の終わりに、大学生になって一人暮らしを始めた娘のchi-が帰省し

ちょっとだけ大人になったかな・・・と思ったけれど

実は、chi-以上に変わったていたのが弟のyu-でした。


これまで本当に運動(スポーツ)なんてモノとは縁が無く

漫然と平凡な中学校生活を送っていたyu-でしたが

文武両道の高校へ入学できたのは良かったものの

まるでそんな気も無かった、とある男気あふれる運動部に

入部するハメになりました。


そして、その部活を続けざるを得ない状況に陥ってから

というもの、それまでの生活から真逆の生活をしなければ

ならなくなってしまったのです。


最初は「なんで俺が!?」という思いもあったようで

そもそも、もう少し緩い感じの運動部への入部を予定していたyu-にとって

実は、目標を全国に置いている同校の当該運動部での取り組みは

まったく予期せぬ出来事だったと思います。


そんなyu-の様子を見ていた親としては

「いつまで続くかなぁ、大きな怪我はしないかなぁ」と

気が気では無かったのですが

この夏、5泊6日で訪れた夏合宿で

yu-の大きく変貌した姿を見ることができました。


yu-も、やっぱり私の血を引く男の子

気が強くて、他人になんと言われようと

こうと思ったら引かない頑固者タイプです。

DSC05869(2).jpg

                       VS. H二高戦

DSC05871(2).jpg

                   意外と軽快なフットワークのyu-


yu-にとって、デビュー戦となった試合。

結果は惜敗・・・いや惨敗(?)。


でも、貴重な一戦、第一歩となりました。

こんな真剣にスポーツに取り組んでいるyu-の姿を見たのは

確か、幼稚園のリレーの時以来です。


涙が出そうになりました。

ま、世間ではこれを親〇カというのでしょう。


あいつのこれまでの短い人生では味わったことのない

試練にブチ当たっていますが、逃げてはいません。


これから先、長い人生の中でブチ当たる

たくさんの試練に、どう立ち向かえるか。

試金石となる、今年のyu-の夏合宿だったように思います。


頑張れ、yu-

(大きな怪我だけはしないでね・・・By shi-)


そういえば合宿先の菅平で

「頑張ってんねんから、頑張れとかいいなや」という

キャッチコピーのプリントされたTシャツ着てる子見かけたな。









16の夏


わが家の長男、yu-が16歳になりました


4月から通い始めた高校生活も3ヶ月が経ちまして

環境にも少しずつ慣れ、新しい友人も徐々に増えているようなので

ようやく、その点はひと安心できました


しかし、勉強や、得意ではない運動をおして入った部活では

いまだに悪戦苦闘を続ける毎日です


とはいえ、そんな勉強も、運動も

今でしかできないことへの挑戦である、ということを

本人なりに認識し、理解し始めているようです。


親としても、息子が苦戦している様子を目の当たりにすれば

ついつい手を貸してやりたくなってしまうのですが

そこを我慢できるようになることが

私自身の「成長する」ということなのでしょう


「教育」とは「共育」だと

以前、子供達の通っていた幼稚園の理事長先生が仰っていました。

なるほどね、と思えることは本当に多いです。


16になったyu-は、まだまだガキんちょで

いまだに親に反抗的な態度をとったり、生意気な口をきいて

当人としては知らず知らずにだろうけれど

親に甘えることが時々あります。

shi-に対しては、しょっちゅうあるようです


ですがそれも、新しい環境で自分の居所を作ろうと

一生懸命もがいているからこそなのでしょう。


すべて成長するための一過程なのだと思うこで

少々の甘えは、多目に見てやることにしています。


それによくよく考えれば

今、そういうyu-の姿を見られること自体

当たり前のことのようですが

親としては、とてもありがたいことですからね。


16歳の夏、yu-は勉強に、部活動に、これまでの人生で

経験したことのないような経験を積むことになるでしょう。


何年か先に、今年の、16歳の夏のことを振り返ったとき

yu-にとってどんな夏だったのか、感想を聞くのが楽しみです





プロフィール

日和

Author:日和
KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。(日和)

日和:私 
shi-chan:ハニー(妻)
chi-:娘 (社会人2年生)
yu-:息子(大学3年生)
愛犬:ロザリー(♀8才)

ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人、休日は気ままにブンブン♪ドライブを楽しんでおります。KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。(shi-)

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
04 ≪│2020/05│≫ 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ