FC2ブログ

KOKIAさんのお花見会

代々木・お花見

代々木公園へお花見に行って来ました。


数日前に、友達ancoroちゃんから

「KOKIAさんのブログでお花見するって書いてありますよ」って

教えてもらいました。


KOKIAさんのブログ、ここのところ全く見ていなかったので

お花見イベントがあるなんて、教えてもらわなければ

ぜんぜん知らずに過ごしていたと思います。


もう十年以上前に、KOKIAさんの公式ホームページにあったBBSで

一部のancoroちゃん達のやりとりから

自然発生的に開催されたお花見会がありました。

その会がなんとも和やかで、穏やかで

私にとってはKOKIAさん達やancoroちゃん達と

知り合えるきっかけになる大切なイベントになりました。


今回のお花見会は、当日仕事もあったし・・・。

もしも仕事が無かったとしても、行こうか、やめておこうか

悩みました。


でも、「迷ったら、やってみる」が性分なので

行くことにしました。


当日の仕事を午前中に片付けると

今回は、shi-と二人だけで出掛けました。

会場に向かう車中でも、正直に言えばまだ迷いはありました。


何故、そんなに迷っていたかと言うと

まだKOKIAさんに対するわだかまりが自分の中にある中で

KOKIAさんに直接会って、笑顔でいられるのか

十数年前のお花見にいた平野隊長や、当時のancoroちゃん達との

交流を思い出して、自分がつらくなってしまわないか。

そんな不安がよぎったのですよ。


結局、高速道路の渋滞などもあり1時間半くらい遅れて到着しました。

代々木公園はあっちもこっちも花見のお客さんだらけ。

友達ancoroちゃんに連絡を取るも、携帯は繋がらないわ切れるわで

そのグループを探すのが大変でした。


途方に暮れていると、shi-がancoroちゃんらしき人物を発見

「あの方、昨日のライブ会場でお見かけしたわ」

「ん?マジ? じゃ、声掛けてみるわ

と、追いかけましたが、人・人・人で普段あんなに多くの人を

見ることの無い田舎者の私たちは、人混みをかき分けて

追いかけるものの、瞬く間にその方から引き離されていきました。

「尾行ろ!

尾行して着いた先には

結構な大所帯の団体さんがいらっしゃいました。

以前のときよりも多かったですね、たぶん。


私たちが着いた途端、KOKIAさんがどこかへ行かれてしまったので

「あ、避けられてるっぽい」と思ったけど、いやいや私たちのことなど

もう覚えていないのかもしれないから気に留める訳もない、と思い直しました。


暫くしてKOKIAさんが戻ると会場の真ん中辺りに座られました。

レオくんを連れて戻ったから、迎えに行っていたのかも。

因みに、レオナルド氏(3さい)KOKIAさんに目鼻元が似ていてかわいー


KOKIAさんの様子は、少し遠くから眺めていたのですが

shi-に「KOKIAさんに挨拶しておいで」と促し

shi-が挨拶にしに行ったタイミングで

今は離れて暮らしているchi-から「代々木公園に到着した」と

連絡が入ったので、私はchi-を迎えに行きました。


友達を連れたchi-を伴い戻ると

私たちは改めてKOKIAさんに挨拶をしに行きました。


持参した12年前のお花見会での

私たち家族とわんこたちとKOKIAさんの集合写真

大切な友達が撮ってくれたものです。

それをKOKIAさんに見てもらい

「このときのこと、覚えてますか?」と尋ねると

「忘れたことなど1度もありません」と答えて下さいました。


ホントかな、ホントなら嬉しいや。

よし。ホント、ホント。


それにchi-には、もっと嬉しい言葉を掛けてくれました。

それもホントだよ。


わだかまっていたことが、少し溶けました。


べつの友達ancoroちゃんから

「15周年のお花見はちょっと(気持ちが)寂しかったけど

20周年のお花見は笑顔で開催できて良かったですね」

と言われた。


そうだね。

ここにいるのは現在のKOKIAさんファン(ancoro)の方々や、そのご家族。

そして現在のKOKIAさんと、そのご家族。

これからのことは、ここにいる人達が築いていくこと。

また少し、溶けました。


私たち家族は、数年前までは本当にKOKIAさんの歌と音楽に

生活に寄り添ってもらって暮らしていました。


今は、そうではないのか?

と聞かれると、そうではないかもしれません。


でも、やっぱり切り離せるものでもありません。


彼女の歌が、曲が、歌声が、好きであることには

違いないのですから。


だから、やっぱり見守って、応援して行くんだろうな。

25周年、30周年に向けて。


今回のお花見を企画して行動して下さった

ボランティアancoroちゃんの皆さん

準備、早朝からの場所取り、運営その他

大変だったと思います。ご苦労様でした。

あなた方が実行して下さったお陰で

私はとても良い機会に恵まれました。

本当にありがとう。


私にこの企画があると教えてくれたancoroちゃん

教えて下さってありがとうございました。

お陰様で「行こう」と決断することができました。


そして、KOKIAさん、shi-に、chi-に、yu-に

優しい言葉を掛けて下さってありがとう。


今日のお花見会に参加させていただいて

私の中のわだかまりは、だいぶ溶けてしまいました。



いつか、きっと。





スポンサーサイト

二十歳


息子のyu-が二十歳になりました。

月並みですが、20年前の出来事が昨日のように思い浮かびます。

娘のchi-と分娩室の外でソワソワしながら待っていたこと。

直前に立ち会うために入室したこと。

無事に生まれてホッとしたこと。


退院して家に帰り、四人での生活が始まったこと。

乳児のときは夜泣きなどもほとんどせず

割と親の手を焼かさずにいてくれたこと。

腰がすわるようになって、私の掌のうえにちょこんと座り

そのまま持ち上げても、うまくバランスをとっていたこと。


だんだんしゃべれるようになると

姉のchi-の遊び相手をさせられていたこと。

くすぐるとまだ歯の生えていない口を目一杯広げ

ケラケラ笑っていたこと。


幼稚園に入る前に近くの医院の待合室で

絵本をスラスラ読んで、周りのお年寄りを驚かせていたこと。


気に入らないことがあると目にいっぱい涙をためて

上目使いでにらみつけてきたこと。


うまく乗ることができず、逆ギレしながらも

初めてチャリンコに一人で乗れるようになったときのこと。


だんだんと家族で過ごすよりも、友達と過ごす時間のほうが

多くなっていったこと。


進学した高校で、うっかり入ったラグビー部では

色々と怪我などもしながら、結局3年間やり通し

東京ベスト8まで残った最後の公式戦では試合には出られなかったものの

自ら監督にアピールして、ベンチ入りしたこと。


ひやひやさせられた大学進学も何とか無事に果たせたけれど

今は勉強をしているのか・・・。遊びの方が重要なのか・・・。

イライラさせられることも多い今日この頃ですが


それでも無事に二十歳になりました。

これからは、自分自身の力で人生の道のりを拓いていく

覚悟を持たなければなりません。

責任も自分で背負わなければなりません。


とはいえホント、まだまだガキんちょですから

心配もありますが・・・

大丈夫、なんとかやっていってくれるでしょう。


私にとっては、いつまでも最愛の息子です。


生まれてくれてありがとう。

前期試験終わったら、飲みに行こうな



スーパーGT 2018


DSC09738.jpg



今年も「スーパーGT」を観に行って来ます


雨・・・どうにかならんかの


でも、めっちゃ楽しみ




KOKIA 20周年コンサート


KOKIAさんの20周年コンサートへ足を運んで参りました。

「20周年・・・確かこの間10周年のコンサートへ行ったばかりなのに

という感覚。

でも、この10年間に色々なことが皆さんにもあったように

KOKIAさんにも、きっと色々なことがありました。


開場1時間近く前に到着したにも関わらず、会場入り口から長蛇の列

「沢山、いらっしゃるなぁ・・・

この10年間で居なくなったファンの方もいるだろうけど

新しくファンになられた方も相当いるのだろうね。


私たちは物販目当てで早めに来たつもりだったけれど

開場前の、あんなに長い列に並んだのはいつ以来だろう。


さて、開場すると物販コーナーの列にダッシュして

私もshi-も、お目当てのグッズを手に入れることができました。

20周年グッズ



その後、ホワイエに飾られた花や懐かしいポスターを見ていると

友達ancoroちゃん何人かが、私たちに声を掛けて下さいました。

ありがとうね

20周年歴代ポスター⑤


20周年歴代ポスター④


20周年歴代ポスター③


20周年歴代ポスター②


さすが20周年コンサート

20周年歴代ポスター①


この日は、いつもお会いできるancoroちゃんたちばかりでなく

中にはすご~くお久し振りのancoroちゃん達もいらしてたり

私にとっては、何だか同窓会のようで嬉しかったです。


とはいえ、グッズを手にしてから開演までの間がなかったもので

お友達への挨拶もそこそこに、自分たちの座席へ向かいました。


ほぼ定時でコンサートの幕が開きました。


ぶっ通しの約2時間。

今回もブログは書くつもりではなかったので

セットリストは控えませんでした。

・・・すんまそん。


ほぼ中央の前の方の席から見るKOKIAさん

ちょっとお顔は痩せられたでしょうか。

この日のために、全身全霊で打ち込んだからでしょうか。

そんな風に感じました。


さて、セットリストは20周年に相応しく

新曲からの選曲も、初期のものや、往年の名曲も

うまく配されていたので

ほとんどM.Cはなかったけれど

その分、聴きたかった曲がたっぷりと聴けました。

「あ」っという間の2時間強。


KOKIAさん、私がshi-に連れられて初めて行った13年前の

コンサートの時よりも、おそらく技術的にはもっと上手く

なっているんでしょうね。

ウィスパーからハイトーン、ファルセットでも

抜群の歌唱力と安定感


今回、席が前の方で、おまけにオペラシティホールという会場のつくり

だからでしょうか、それともミキサーの好みの違いからでしょうか。

KOKIAさんの声にかかるエコーが強く聞こえてしまったことが

残念でした・・・が、近くで見れたので贅沢言っちゃあきませんね。


とくにマイベストの楽曲は「I believe ~海の底から~」

名曲なんでね、当たり前っちゃあ~当たり前ですが

昔の感動がちょっと顔を覗かせて

とくに後半の例の転調するところは鳥肌(寒イボ)が久しぶりに立ちました。


それと、「お化けが怖いなんて」

これ、たぶんありのままのKOKIAさんの気持ちなんでしょうけれど

そしてついついオッサンの私でさえ

不覚にも「うるっ」ときてしまいましたけれど

歌にしていいの?私人「亜紀子さん」としては。

歌う人はKOKIAだからいいのか。

な~んて思ってしまうところが、私がオッサンたる・・・


さて、KOKIAさんの20周年コンサート

全体としては満足させていただきました。

サポートメンバーの演奏も良かったですし

曲のアレンジも、現在のKOKIAさんのお好みに味付け

されたものでしょう。楽しかったです。


次の30周年が楽しみです


この10年で色々なことが起こったように

これから先の10年でも、また色々なことが起こるでしょう。

そういう酸いも甘いも糧として取り込みながら進んだ先に

KOKIAさんがどんな音楽を生み出してくれるのか

そして私自身はKOKIAさんの音楽や歌に

どう向き合っているのかも楽しみです。


なので、これからもずっと見続けていきたいです。


続きを読む

tag : KOKIA コンサート 東京オペラシティホール

あけましておめでとうございます!


2018年 元旦

初詣2018

平和でありますように。


ロザ子 元旦

ロザリー、元気です。

「ちょっと笑顔がぎこちないなぁ・・」と思い、よく見ると

上唇(って言わないか?)が、歯の付け根辺りにひっついてました。

もう7才だもの。

シニアに突入だな。


ともあれ、ロザ子はもちろん

shi-も、chi-も、yu-も、私も

無事に新しい年を迎えることができました。


今年は・・・昨年はずっと働きっぱなしで

いやいや、旅行もライブも何度か行ったか。


ともかく時間に余裕のない生活はずっと続いておりますが

わが家は皆、元気にやっています。


こうして普通にお正月を迎えられるということに

感謝の気持ちが湧きます。


そういう気持ちでいられる内は

まだ自分は大丈夫ということにしよう。


今年、皆さまが平和でありますように。

わが家も平和でありますように。


ちょっとぎこちなくても

いつも通り、笑顔があることに感謝!











tag : ぎこちない笑顔 新年 ありがとう

プロフィール

日和

Author:日和
KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。(日和)

日和:私 
shi-chan:ハニー(妻)
chi-:娘 (社会人2年生)
yu-:息子(大学3年生)
愛犬:ロザリー(♀8才)

ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人、休日は気ままにブンブン♪ドライブを楽しんでおります。KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。(shi-)

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ