The Soloist


DSC_1805.jpg


オーチャードホールshi-と2人で行って来ました。

久しぶりのKOKIAさんのベーシックなホールコンサート


DSC_1807.jpg

来年、もう20周年を迎えられるのですね。

ついこの前に10周年コンサートを開催されたばかり
のように感じます。


今回もセットリストをメモしなかったので
以下のセットリストはancoro寅次郎さんから拝借しました。
(very very thanks to TORA chan!!)

1. 花
2. so sad so bad
3. 私の中の獣
4. 音蒔き歌蒔きのうた
5. Family Tree
6. 愛と平和と音楽と
7. 傘を貸してあげて
8. a gift
9. Remember the kiss
10. 調和
11. tomoni
12. 最終上映
14. 次会う時は
15. 心のロウソク
16. why do I sing?
17. moment~今を生きる~
18. 人間ってそんなものね
19. 歌う人
20. 人生は歌のようね

ピアノ 瀬田創太
ギター 高木大輔
パーカッション 福長雅夫

ゲスト
チェロ 溝口肇
クラシックギター 村治奏一

ね、凄いよねぇ。寅次郎さんは

私はここのところ老眼が進み、書くことが億劫になった
ばかりか、記憶も三歩歩くと忘れてしまうので
困ったときは友人に頼ってばかりの今日この頃です

さて、今回のこのコンサート

私としてはかなり満足させていただきました。
特にいつもと違って良かったところは

チェリストの「溝口肇」さんのスペシャルジョイント

この方、「世界の車窓から」のテーマ曲を演奏されている
方なんですね。

なんというか、存在感があり、ストレスを感じさせない
正確で丁寧な演奏に惹かれました。

本日何曲か演奏された中では「why do I sing?」
が特に素晴らしかった

これはshi-も同意見だったのにはビックリでした

さて、KOKIAさん、今回のコンサートを来年のデビュー
20周年を迎えるにあたり、現在までの道のりを
振り返り、今の気持ちをセットリストに込めた・・・。
というようなことを仰ってました。

なるほど、セットリストを振り返ると新旧(ほぼ旧)
織り交ぜた楽曲の中にKOKIAさんの心境を垣間見た
気がしました。

新曲でワルツな「私の中の獣」も良かったですが・・・

私的には、セトリに「道化」と「sigh」を前半に
「INFINITY」を後半に加えてもらえたら
このコンセプトで聴きたいセットリストとしては
大満足でしたけれども、大きなお世話ですね
十分満足でした

ともあれ、当たり前ですが
SoloistとししてのKOKIAさんのパフォーマンスは
今日も完璧でしたし、これまで度々違和感を感じる
ことのあったJazzyな瀬田くんのピアノも
今日は完全にKOKIAさんのボーカルに調和していた
ように感じました。

相変わらずKOKIAさんの真意は分からないままですが
ひとつひとつの楽曲を丁寧に歌い上げる姿は
彼女もMCで仰っておられましたが
生み出された楽曲が私たちのもとに届けられたあと
それぞれの人生に色々な形で寄り添うことが
彼女にとっての楽曲を生み出す大きな意味であり
喜びなんだろうなと感じました。

実際、楽曲を受け取った私たちは
その歌を自分の生活に溶け込ませることで
それぞれに微妙に色の違う音楽、歌として輝きを放つ
のでしょう。

良い色に輝くといいですね

十人十色なのに、私はKOKIAさん自身がその楽曲を作った
意味を知りたくて、こだわり過ぎていたかもしれません。

良い歌はやっぱ良いや。

KOKIAの歌はやっぱり良いし
あんなに上手いと思えるボーカリストはおらんわ。

最高のSoloist、来春発表される新譜も楽しみだし
20周年のコンサートもメッチャ楽しみになってきた。

2018年4月29日、皆さん、予定は開けときましょ~







スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

tag : KOKIA コンサート オーチャードホール

父の日


今日は「父の日」です。

私にとって「父の日」は、ずっと「(自分の)父」の「日」でした。

子供達が産まれると、私は「父」になるので
「父の日」とはウチの子供達にとっては
私のことですから
父の日の主役は「私(日和)」ということになります。

子供達にとって、父親である「私」とは
一体どんな父親なのか。

「父親としての及第点はとれているのか」
子供達が産まれてから、私にとって「父の日」とは
そんなことも考えさせられる日になりました。


実は少し前に、今年の「父の日」を家で過ごすことの出来ない
chi-から、父の日のプレゼントをもらいました。

父の日プレゼント




私の大好きなブランドのカジュアルラインのポロシャツ
まだ学生のchi-にとっては高価なプレゼント

コツコツとアルバイトをして稼いだお金で買ってくれました。

「嬉しいけど、気ぃ引けるわ~」
「私がバイトできるのもお父さんのおかげやから・・・。」
「それに小さいときからお父さんが欲しいものを買うて
あげるのが、私の夢やってん。」

・・・という感じのやり取りかありました。

小さいときは手がかかり、病気がちの子でした。

今でも(父と同じく?)恥ずかしがりで
ぐいぐいと自己主張をできるタイプではありませんが
信念を持ち日々の努力を積み重ねられるほど強く
優しい子に育ちました。

chi-、大変な思いをしたこともあったけれど
ここまで育ってくれてありがとう

プレゼント、chi-がお父さんのことを考えて買って
くれた、その気持ちが嬉しかったです。

大切にするね

でもね、お父さんにとっては
キミやyu-が健康で元気に暮らしてくれていれば
それだけで十分プレゼントなんやで。

お金じゃ、買われへんな


その頃、わが家の王子様、yu-は・・・

「父の日」なんて存在すら忘れとるやろなぁ~



・・・ま、元気そうだからええか







tag : 父の日

集い&星の音楽会&森の音楽会&KOKIAサロン


夏ではない季節の軽井沢

DSC_1152.jpg


残念ながら、お天気には恵まれませんでした。




久しぶりにKOKIAさんのコンサート前に「集い」企画を開催させて
頂きましたが、会場はとても風情のある『旦念亭』という純喫茶。

DSC_1144.jpg

昭和の香りがぷんぷんする佇まい。

店内も、中心近くに大きな薪ストーブが置かれていて
「冬に雪に追われて訪れたいなぁ」と妄想してしまいました。

ゆっくりと時間が流れていく・・・
文庫本とか持ち込んで読み耽ってみたい。」
とも思わせてくれる喫茶店。

そんな素敵なお店で過ごす
ancoroちゃん達との穏やかな時間は
とても心地の良いひと時でした。

どうもありがとうございました




DSC_1166.jpg
奥に半分だけ写っている三角屋根の建物が「大賀ホール





私の知る限りでは
恐らく初めての、KOKIAさんの軽井沢でのコンサート。

DSC_1159.jpg


会場の「大賀ホール」はまさに「森の劇場」という感じで
ホール内でふんだんに使われている建材は
木の素材を活かした・・・というかまんまで
素朴な風合いを醸す天井、壁、床の造りでした。

ホール自体も小ぶりで、清涼感すら感じました。

・・・なんや質感が軽井沢っぽいわ



さて、そんな中、始まった音楽会
第1部、第2部のセトリは(実は私の書いたメモは紛失
第2部の曲名は私がメモしたときの曲名で。

Thanks to 寅次郎さん

【第1部 星の音楽会】

森と歌う 空と繋がる
you are not alone
次会う時は
大きな背中
小さなうた
映画のような恋でした
安心の中
+sing

【第2部 森の音楽会】

1. フクロウ
2. カバ夫人
3. キリン(福長さんの歌?)
4. クマ
5. シマウマ
6. さる
7. くじら
8. 森と歌う 空と繋がる

【第3部 というか、KOKIAサロン】

5,6曲歌ったうち印象に残っているのは

・・・infinity、傘を貸してあげて

というかサロンは、セットリストのメモもしていなかったし
忘れました。すんまそん


ピアノ 瀬田創太
ギター 高木大輔
パーカッション 福長雅夫


久しぶりに聴く、オリジナル・ユニットのチームKOKIA

やっぱり一番KOKIAの歌が映えるユニット編成な気がする。
ギター、ピアノ、パーカッション、KOKIA

あとはベース(コントラバス)までが
私の中では最適な編成だな

それはさておき

今回のコンサートで「へぇ~」と感じたこと

第1部で「you are not alone」と
「映画のような恋でした」を歌われたこと。

勝手な想像ですが、とくに「you are not alone」は
封印曲なんじゃないかな~と思っていました。

で、そう思っていた曲を歌われたことについて
どういう心境で歌われているのかな~と考えましたが
結局のところ、ご本人にしか分からないところ。

いずれにしても「(今はもう)歌えるんだなぁ・・・」と。

そんな第1部でとくに響いてきた曲は

かく言う「you are not alone」と
「映画のような恋でした」

それに「安心の中」の3曲。

なんと言うか、歌っているその歌の背景とか
KOKIAさんの心情とかを想像すると
自分なりに特別に感じるものがあるから
自然に響き方が違って聴こえるのでしょうね。

そういえば、「+sing」は発表当時、曲名を公募したにも
関わらず(確か正式名も決まったはず)、
結局、仮り名の+singがそのまま正式名になった曲
でしたよね


「第2部 森の音楽会」では動物シリーズが歌われました。

正直言って、あんまり期待していなかったのですが
これは良い意味で裏切られたと感じました。


なんちゅーか、しょーもないなと思って聴けば
しょーもない歌達に聴こえてしまうかもしれませんが

いやいや、凝った・・・KOKIAさんでなければ作れない
あの歌唱力がなければ歌えない曲ばかりでした

KOKIAさんだからこそ発想できた歌詞と曲作り
そして歌うことができた歌達ばかりなんじゃないでしょうか

私としては「カバ夫人」におけるKOKIAさんの発声と歌唱力に
KOKIAさんならではの曲作り、歌造りの技術とセンス
「くじら」の、(ママにとって息子は)「大事さん~♪」
と呼ぶ歌詞(あ、やっぱりこの曲もレオ君か)に
小さい頃、KOKIAさんもそう呼ばれて大切に
育てられていたんだろうな、という情景を感じました

そもそも、この動物シリーズって
もちろんずっと書きためてきた曲もあるのでしょうが
ライブでシリーズとして歌えるまでに完成させたのは
レオくんに「歌い聴かせ」などを
ずっとして来たからなのかもしれないね

そういう意味では、お母さんになったKOKIAさんを
たくさん感じることのできたコンサートでした。








続きを読む

tag : KOKIA 軽井沢 旦念亭 大賀ホール

星の音楽会&森の音楽会


個人的には充実したG.Wを過ごさせていただきました。


その記事も書く時間があれば書きたいのですが

とり急ぎ、軽井沢大賀ホールで行われる

KOKIAさんのライブの告知

KOKIA 2017 星の音楽会 & 森の音楽会】

もう、今度の土曜日、早いですね。


書きためられていた楽曲「動物シリーズ」

どんな動物が出てくるのか・・・。

今まで誰にも歌にされたことがないような

珍獣などは歌にされているのでしょうか。

ちょっと楽しみです。


今、この季節の軽井沢

心地よい風に吹かれて

KOKIAさんの歌声が届くと思うと

とっても楽しみです。


最近、KOKIAさんの楽曲も新しいものが

ほとんど発表されていないので

そんな心地よい風のような

新曲を披露してもらえたら

また楽しみが増えるのですが

いかがでしょうか?


さて、楽しみな軽井沢ライブの前に

当日、久しぶりにランチでもご一緒しませんか。

KOKIA談義に花をさかせましょう。


・・・という訳で

当日、11:00頃、軽井沢駅近くで

久しぶりの集い企画を考えています。


良かったら、ご連絡をくださいませ










tag : KOKIA

富士スピードウェイへ


明朝は富士スピードウェイへ出発します

もちろん、「SUPER GT」を観戦するためにです。

SUPER GT、明日のレースの正式名称

『2017 AUTOBACS SUPER GT Round 2 FUJI GT 500km RACE』

明日、明後日の2日間のイベントです。


初めて正式なカーレースを観戦することになるので

めっちゃ楽しみです


・・・きっと、どエライ迫力なんでしょうな


新しい世界をのぞいて来ま~す




tag : SUPER GT

最新記事
dandelion内の画像
当ブログに掲載した画像です。 クリックすると、その画像の記事が読めます。
最新コメント
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

日和

Author:日和
ファミリーでKOKIAさんを追っかけていましたが、子どもたちもすっかり大きくなった為、現在は夫婦2人で休日気ままに、あっちへフラフラ~こっちへフラフラ~。shi-が運転免許を取得。慣れてくる頃、休日のお楽しみドライブではコックピットの奪い合いが勃発しそうです^^; KOKIAさんのライブ会場へも時々は出没します。
基本、夫婦いつも一緒。^-^

日和:私(お父さん) 
shi-chan:ハニー(お母さん)
chi-:娘(大4)
yu-:息子(大1)
愛犬:ロザリー(♀6才)

KOKIAさんの紡ぎ出す美しい歌と音楽が大好きです。ここ数年は毎日の更新をしていませんが、家族の出来事を中心に、ほのぼのと感じた出来事などを時々綴らせていただいております。

皆様どうぞ宜しくお願いします。

記事から探す
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ